【DDTプロレス 樋口和貞(前編)】力士時代の悔しさを思い出した

DDTで行われている夏のトーナメント「KING OF DDT 2021」。6.20後楽園大会で準決勝進出者4名が決まった。その中で虎視眈々と優勝を目論むのがEruption樋口和貞。今年3月KO-D無差別級王者・秋山準に敗れ、勝者の腰にベルトを巻くという屈辱的な行為をさせられた。あの時、樋口は何を思ったのか。

――6.6さいたまスーパーアリーナCyberFight Festival 2021は大変な盛り上がりでしたね。樋口選手はNOAHの反体制ユニット金剛と全面対抗12人タッグに出場。DDT軍団は拳王選手を挑発するような入場シーンでした。

樋口:試合前にSNS上で激しいやり取りがありました。「よくも焚きつけてくれたな」と。結果的に拳王がドラマティックドリーム号(自転車)に乗った時点で、こっち側(DDT)の勝利、「してやったり」ですよ(笑)。

実は試合前、高木社長が地下の倉庫からドラマティックドリーム号(自転車)を引っ張り出してきました。だったら俺たちも使おうと思い、いろいろ物色しました。

ただドラマティックドリーム号が拳王に踏まれて廃車になりましたけど(苦笑)。

――コロナ禍でスポーツやコンサート等、大きい会場でのイベント中止が相次ぐ中での開催でした。

樋口:開催前は不安なところもありましたが、蓋を開ければ多くのお客さんに集まって頂き、たくさんの笑顔を見ることができました。開催して良かったと思います。

【6.6 CyberFight FESTIVAL 2021 DDT vs NOAH対抗戦】

――樋口選手が印象に残っているシーンはありますか?

樋口:納谷がレフェリーにヤゴラのマスクを被せて自分が罠にかけリング下に落とし、高木社長がドラマティックドリーム号を使うシーン。DDTのチームワークの良さが出ましたね。

ここが勝負どころだ!と感じた瞬間、全て言わなくても伝わる「DDTの妙な団結力」が出ました。

――それは僕も会場で観戦していて感じました。声は出せなかったけど会場が一つになりました。ところで前回、樋口選手に取材したのが3月のKO-D無差別級王者・秋山準戦の前。試合前、樋口選手は「秋山準の本道vs樋口和貞のDDTの戦い」と話してくれました。

樋口:結果としては敗れてしまった。自分の技量の問題ですが、DDTで培ってきた自分のプロレスを突き進めていけば大丈夫だ!という確信を持ちました。あくまで技量が足りなかっただけ。

【DDTプロレス 樋口和貞 いざDDT最高峰のベルト挑戦へ】

関連記事