• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレス 上野勇希】お互いぶつけ合えるのを彼(竹下幸之介)は待っていてくれたと思います(後編)

【DDTプロレス 上野勇希】お互いぶつけ合えるのを彼(竹下幸之介)は待っていてくれたと思います(後編)

9年前、同級生である竹下幸之介の戦う姿を見てプロレスラーを志した上野勇希。12.5後楽園ホール「D王GRAND PRIX 2021 Ⅱ」優勝決定戦のリングで竹下と相対する。強豪ひしめくAブロックを勝ち抜いた上野と、同じくBブロックを勝ち上がった竹下。優勝決定戦直前の上野に話を聞いた。

<前編はこちら>

――11.3大田区大会、D王GPが開幕しました。上野選手の初戦は前回覇者の秋山準選手、昨年のD王GP以来、2回目の対戦でしたね。

上野勇希(以下 上野):去年、秋山さんと戦った時の印象は「デカイ・強い・怖い」。とにかく身体が大きいので「どうしたら勝てるのかな」を考えた記憶があります。実は今年10月のD王GP前、静岡で準烈の解散試合があり久しぶりに秋山さんと戦いました。秋山さんと僕はプロレスのキャリアどころか人生経験が違う。組んだ時の体重のかけ方が秋山さんは異常に上手くて、僕はドンドン体力を削られていきます。もちろん年齢や負傷した身体箇所など比較した場合、僕の方が体力では圧倒的に有利だと思うのですが、一瞬一瞬の動きや押さえるべきポイントが秋山さんに及ばなかった。それで「次の対戦では秋山さんを怒らせるくらいしないと爪痕を残せない」と思いました。去年のD王GPは単純に負けている。今年大田区の開幕戦ではどうにかしたいと考え、秋山さんの顔面を叩きました(苦笑)。

【DDTプロレス 樋口和貞】力士時代の悔しさを思い出した

――作戦通り、見事怒らせましたね(笑)。

上野:「秋山準が怒ったこと」はゾクゾクしました(笑)。ある種、勝ち負け以上に大きなテーマでしたから。ただすぐにリング下でボコボコにされました…秋山準を怒らせるもんじゃないと後悔しましたね(笑)。でも試合前勝つことをイメージした時、「秋山さんにドロップキックを放ち、WRを決めれば勝てるかもしれない」と…。そのイメージ通り勝つことができた。それは自分の中で大きかったですね。

――去年敗れた秋山さんに今年は勝つことができた。この1年間の成長を上野さんご自身で感じることができたのではないでしょうか?

上野:去年のD王GPはDDT UNIVERSAL王者として挑んだので「チャンピオンとしての戦い」を意識しました。今年はとにかく「勝ちたい」でしたね。そして大田区はD王GP開幕戦、公式戦が4試合しか行われなかった。だからこの中で「埋もれない試合」をしようとも思っていました。

そして質問の成長ですが…試合には流れがあります。相手との読み合いの中で「一瞬を見逃さないよう」になりました。DDT UNIVERSALの防衛戦を重ねる中で「ここだ!」という嗅覚が付いたと思います。

関連記事