【6.6 CyberFight FESTIVAL 2021】DDT vs NOAH対抗戦 竹下&上野vs 清宮&稲村

6.6さいたまスーパーアリーナにてCyberFightグループのDDTプロレスリング、プロレスリング・ノア、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレスの4団体による合同興行『CyberFight Festival 2021』が開催された。各団体のタイトル戦やDDT vs NOAHの対抗戦など全15試合(スターティングバトル3試合)が行われた。著者的にもっとも注目が高かったのは第9試合DDT vs NOAH対抗戦 竹下幸之介・上野勇希 vs 清宮海斗・稲村愛輝。この試合を振り返る。

昨年11,12月、竹下幸之介は秋山準に2連敗。その後自らAEWにコンタクトを取り、今年4月AEWで3試合を行った。竹下は自分が置かれている環境を客観的に捉え行動に移すことができるレスラー。1度は失いかけた自信を取り戻し日本に帰ってきた。

帰国後のインタビューで竹下は「(対抗戦に向けて)モチベーションは高い。僕自身が1番輝くというのもそうですしタッグの試合が1番面白かったと言ってもらいたい。この4人の戦いなら、今までのプロレスではなく『今のプロレス』、現在進行形の『ナウい』プロレスで凄い試合が魅せられると思います」と話していた。

試合はいきなり竹下と清宮のロックアップからスタート。団体の未来を背負う2人の戦い。ロープに振ろうとする清宮、意地でもヘッドロックを離さない竹下。技一つ一つに竹下の気持ちが滲み出る。

続いて稲村と上野のマッチアップ。稲村は闘志が全面に出るタイプ。デビュー3年目182cm115kgの恵まれた体格、上野を豪快にタックルで吹き飛ばす。今回の対決、竹下と清宮に注目が集まりがちだが稲村のパワーも際立ってみえた。

竹下は「パワーで100%勝てないと思ったのは大日本プロレスの関本大介さん、岡林裕二さん、火野裕士さん」と語るほど、自分のパワーに絶対的な自信を持っている。稲村はパワーファイターとして竹下に負けるわけにはいかない。

竹下のラリアット2連発を真正面から受けた稲村。魂をのせたフォアアームを竹下の胸元に叩き込むも、ブレーンバスターは竹下が投げ勝つ。しかし稲村はザーヒー(中腰の相手に至近距離から放つ膝蹴り)をガッチリ受け止めフロントスープレックスで竹下を投げ飛ばす。2018年9月デビューと4人の中で1番キャリアの浅い稲村だが、さいたまスーパーアリーナという大舞台で物怖じしない姿は将来を感じさせる。

最近SNSでプロレスに対する悩みを吐露していた清宮だが、試合が進むにつれ目の色が変わる。竹下との力比べで逆さ抑え込みを決める清宮、カウント2。直後、竹下は清宮にザーヒーを放つ。ロープに走る竹下に高い打点のドロップキック。そしてジャーマン。対戦前、竹下に興味がないと語っていた清宮が嘘のようだ。

関連記事