• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【プロレスリングWAVE 6.22蕨】コンプライアンス・ブロック公式戦 宮崎有妃 vs 門倉凛

【プロレスリングWAVE 6.22蕨】コンプライアンス・ブロック公式戦 宮崎有妃 vs 門倉凛

2年ぶり12回目の開催となったCATCH THE WAVE 2021。第4戦目となる6.22蕨大会は公式戦3試合が行われた。コンプライアンス・ブロックは宮崎有妃、門倉凛、ハイビスカスみぃ、梅咲遥が2点で並んでいる。この試合が最終戦となる宮崎、門倉に勝利し2点をゲットしたいところ。

コンプライアンス・ブロック公式戦(15分1本勝負)
宮崎有妃(2点)vs 門倉凛(2点)

先に入場し宮崎を待つ門倉。すると宮崎はリング下から門倉を奇襲。ランニング式ラリアットを見舞う。門倉もドロップキックを放つが、宮崎はビクともせず逆片エビ固めで絞る。

一方的に攻める宮崎、門倉にブレーンバスター。門倉は体を入れ替えDDTからドロップキック、グラウンド卍固めへ移行。門倉はボディースラムの体勢に入るも宮崎に投げられる。反撃に転じた宮崎は逆片エビ固め、インディアン・デスロックからキャメルクラッチ。するといきなり「イタタタッーー」と声を上げる宮崎。門倉が宮崎の右手を噛む反則行為に出る。

しかしロープを使うインサイドワークは宮崎の方が一枚上手。サードロープを巧みに使い門倉を痛めつけDDT。そして逆片エビ固め。エスケープすると門倉はネックブリーカードロップ。

門倉は宮崎をリング下に落とすと、コーナーからプランチャーを狙う門倉。しかしリング下から持ち出したミットを投げつけ阻止。宮崎は鉄製の階段(リングを上るとき使うステップ)を持ち出すが未遂。リング下でフォアアーム合戦。カウントが進みリング上に戻る両者。門倉をコーナーに振りランニング式ラリアット、低空ドロップキックでカウント2。

関連記事