• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【プロレスリングWAVE 6.22蕨】ジェラシー・ブロック公式戦 桜花由美 vs 米山香織

【プロレスリングWAVE 6.22蕨】ジェラシー・ブロック公式戦 桜花由美 vs 米山香織

2年ぶり12回目の開催となったCATCH THE WAVE 2021。第4戦目となる6.22蕨大会は公式戦3試合が行われた。ジェラシー・ブロックは渡辺智子が3点で全日程を終了。桜花由美が残り2試合を残して2点。米山香織は3点、この試合が最終戦になる

ジェラシー・ブロック公式戦(15分1本勝負)
米山香織(3点)vs 桜花由美(2点)

開始早々、桜花のビッグブーツをかわし米山は首固めを連発。桜花も首固めで応戦。手四つの体勢は身長150cmの米山香織と168cmの桜花由美、米山の手が届かない。悔しさのあまり桜花の足を踏むも、逆に桜花に踏まれてしまう。

桜花はロープの反動を利用しダブルニードロップを米山の背中に落とす。リング中央で桜花が高さを利用したボディースラム、カウント2。すかさずポキへ。

米山は桜花をコーナーに追い詰めセカンドロープを使い顔面を蹴りつける。桜花は払いのけると米山の顔面に蹴りを見舞い、ブレーンバスターからポキ。米山はなんとかエスケープ。

米山をコーナーに追い詰めビッグブーツ、再度狙うが米山はかわしレッグブリーカー。

5分経過、米山は桜花の長い足を攻める。裏ヒザ十字で桜花を締め上げる。さらにニークラッシャーで桜花の足をリングに叩きつける。米山のモンゴリアンチョップからビッグブーツ対決!両者、同じタイミングで足を出すがリーチが違うため米山の足が届かない。セコンドから「負けんなぁ〜」と声が上がるが、桜花の足が米山の顔面と捕らえる。米山はビッグブーツをかいくぐり、桜花の膝にキック攻撃!そして中腰になった桜花の顔面に掟破りの逆ビッグブーツを放つ。

関連記事