• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレス 樋口和貞】DDTの選手としてやるべきことをやろうと思い直し、2人と握手しました

【DDTプロレス 樋口和貞】DDTの選手としてやるべきことをやろうと思い直し、2人と握手しました

昨年に引き続き、今年も6.12さいたまスーパーアリーナでCyberFight傘下4団体(DDTプロレス、プロレスリング・ノア、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレス)による合同興行「CyberFight Festival 2022」が開催される。佐々木大輔vs拳王のハードコアマッチノーDQルール戦を始め全14試合、魅了溢れるカードが出揃った。対抗戦も4試合行われNOAH中嶋勝彦、小峠篤司、稲村愛輝と戦うのは新生バーニングの遠藤哲哉、秋山準、そしてEruptionの樋口和貞だ。DDTでは敵同士のユニットが肩を組みNOAH軍と戦うことができるのか?そんな樋口に取材を敢行。現在の心境を聞いた。

――樋口選手の取材は1年ぶりになります。前回はKING OF DDT 2021 FINAL!!で火野裕士選手と戦う前にお話しを伺いました。

樋口:火野裕士に力と力の対決を挑みましたが、自分の力不足。身長こそ自分の方が大きいですが身体の厚みが違う。それに体幹の強さがハンパない。最後はラリアットからFuckin’BOMBで叩きつけられフォール負けでしたね。

【DDTプロレス 樋口和貞】力士時代の悔しさを思い出した

――そうでしたか。この1年、坂口征夫選手の負傷欠場もあり、リング上でのEruption、特に樋口選手から大人しい印象を受けます。2年前は大暴れしていた記憶があります。シングルでは遠藤哲哉選手と挑戦剣を賭けた戦いが繰り広げられ、Eruptionとしても2020年6月に第41代KO-D6人タッグ王者、2020年10月に第68代KO-Dタッグ王者を戴冠。一時期Eruptionは2冠王だった時期もありました。ご本人的にいかがでしょうか?

樋口:個人的なことで言えば2021年3月当時KO-D無差別級王者の秋山準に挑み敗れたところで時間が止まっています。翌月の4月にHARASHIMAさんと岡林裕二にKO-Dタッグも獲られています。KING OF DDT 2021も準決勝まで進み火野裕士に敗れた。2021年末のD王GPも結果を出せなかった。自分でも「秋山準戦を境に沈んでしまったな」と感じています。

【DDTプロレス・樋口和貞】復帰から半年、坂口・赤井(Eruption)とともにKO-D6人タッグに挑戦!

――今お話にあった第5回D王GPは2勝3敗(HARASHIMA、クリス・ブルックスに勝利。竹下幸之介、MAO、岡林裕二に敗戦)でした。

樋口:MAOに負けたのが予想外でした。両足で頭を絞め上げられた。完全に油断していたと思います。

印象に残っているのは大阪の岡林裕二戦、正面からぶつかりましたがパワーで押されてしまった。岡林裕二は体格が火野裕士と似ています。

あとD王GP最後の竹下幸之介戦、あの試合お互い短期決戦を狙っていました。結果、竹下幸之介のヒザ蹴りからのサプライズローズ(変型フィッシャーマンバスター)で負けました。

関連記事