【DDTプロレス 樋口和貞】いざDDT最高峰のベルト挑戦へ(前編)

3.28後楽園ホールでKO-D無差別級王者 秋山準に挑戦する樋口和貞。昨年1月に結成したユニット「Eruption」では、一時期KO-D6人タッグとKO-Dタッグの2冠王として君臨。今回チャンピオン秋山から指名を受けて約3年ぶりの挑戦となる。満を持してKO-D無差別級王座に挑む樋口に話を聞いた。(前編)

――昨年1月にEruptionを結成し1年が過ぎました。坂口征夫選手と赤井沙希選手と活動していかがですか?

樋口:ありがたいことにKO-D6人タッグ王座を獲得できました。Eruptionは誰がリーダーとかではなく、全員が同じ立場なのでとてもやり易いです。

 現在、自分と坂口さんはKO-Dタッグのベルトを持っていますが、KO-D6人タッグを落としてしまったので…ただKO-D6人タッグに関しては、また改めて狙って行きたいと思います。

――EruptionはDDTの中でも硬派なユニットだと思います。注目度も高く、昨年サムライTV「インディーのお仕事」のインディー大賞では、ユニット部門で第2位でしたね。

樋口:たくさんユニットがある中、そこで選ばれるのは認知度がある証拠だと思います。有難いですし、すごく嬉しいですね。

――会場でもEruptionのTシャツを着ている方を目にすることが多いです。

樋口:やっぱり赤井さんと坂口さんというオシャレ2人がいるので(笑)。Eruptionは海外からの反響も多いですね。

――樋口選手も含めEruptionは絵になる3人ですよ。エントランスVTRで街を歩いている3人の姿が映し出されますが、あの映像を見るたびに「かっこいい3人だな」と見入っちゃいます。ところでEruptionに勢いがついたのが、昨年6月KO-D6人タッグ王座を#DAMNHEARTS(遠藤哲哉&T-Hawk&エル・リンダマン)から奪取した辺りだと思います。

樋口:#DAMNHEARTSはシングルプレイヤーとして実力を持つ3人が組んだチームです。正直しんどい思いをしましたが、ベルトを奪取できたのは赤井さんが踏ん張ってくれたからですね。

――樋口選手はKO-D6人タッグ王座を、これまで3度戴冠しています。1回目のパートナーが勝俣瞬馬選手と岩崎孝樹選手、2回目が岩崎選手と渡瀬瑞基選手。これまでのパートナーとEruptionの違いはどんなところでしょうか?

樋口:これまでは若さと勢いでベルトを獲得しました。今回はチームとして「ここで敗れるようなことがあれば、次はないぞ」という気持ちで臨みましたね。相手が#DAMNHEARTSという強敵でしたが、気持ちで勝つことが出来たと思います。

 KO-D6人タッグ王座は歴史あるベルトです。元々はチームドリフが巻いていて、その後は坂口さんら酒呑童子やハッピー・モーテルがしのぎを削ったベルト。坂口さんは酒呑童子として最多戴冠回数を持っています。そのベルトの名に恥じない戦いを心がけました。

関連記事