• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレスリング MAO(1)】ハズレをしなければ、なにをやってもいいのがプロレス

【DDTプロレスリング MAO(1)】ハズレをしなければ、なにをやってもいいのがプロレス

3.20両国大会で佐々木大輔・葛西純との3WAYマッチを制し自身初のシングルタイトルDDT UNIVERSAL王座を獲得したMAO。彼は5.1横浜武道館大会にて2度目の防衛戦を迎える。対戦相手は朱崇花だ。その防衛戦を前に昨年8月から振り返ってもらった。

――お久しぶりです。前回の取材が、昨年8月15日青木真也選手が持つDDT EXTREME王座に挑戦する前。初めてのルール「ハードコア柔道」でドキドキしながら観戦しました。

MAO:あの時は「ハードコア柔道」のルールがキチンと整備されてなくて、観ている側の人たちが大変だったと思います(苦笑)。その後2.15新宿FACE大会でThe 37KAMIINAプロデュース興行があり、2度目の「ハードコア柔道」を行いました。相手は柔道の有段者でもある植木嵩行さん。この戦いで手応えを感じましたね。

【DDTプロレス MAO】「違和感」を大切にしていきたい

じつは1回目の青木真也さんとの戦いでも手応えを感じていましたが、しっかりルールを作成していなかった。ルールを実況の村田晴郎さんにも伝えるべきでした(苦笑)

――やはり1回目って、やる側も見る側も「どんなものなのか?」と構えてしまうので難しいですよね。

MAO:そうですね。結構、前衛的なことをしたと思います(笑)

――昨年8月の取材の際、MAOさんは1週間に大切な試合が2試合あり、1試合が8.15後楽園の青木戦。そしてもう1試合が8.21川﨑での勝俣瞬馬選手と組んでクリス・ブルックス&葛西純戦。2019年1月にMAOさんは「願い事を叶える権利」を手にして葛西選手と「MAOちゃんがもっとデカイ男になったら、もっとデカイ会場でやろう」と約束しました。それを果たすための戦いだと…

MAO:でも結果として葛西さんに印象を残せなかった気がします。8.21川﨑はパートナーの勝俣さんの色が出た試合。ですからMAO個人としては認めてもらえなかったですね。

【DDTプロレス 勝俣瞬馬】DDT EXTREMEのベルトの価値を上げていきたい

関連記事