• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレスリング MAO(1)】ハズレをしなければ、なにをやってもいいのがプロレス

【DDTプロレスリング MAO(1)】ハズレをしなければ、なにをやってもいいのがプロレス

――その状態からどうやって脱出できたのですか?

MAO:D王GP前、何かできることを探していました。それで以前より興味を持っていた総合格闘家の矢野卓見さんに弟子入りし「エセ骨法」を学んだことで好転。プロレス以外のグラップリングや総合格闘技をやり始めたことで調子が上がってきました。

――「エセ骨法」を学ぶことでモチベーションが上がっていったんですか?

MAO:そうです。僕の中でエセ骨法がアイデンティティーになっていきました。第一人者の矢野さんに弟子入りしたことで説得力も増しますし、自信に繋がった。今まで知らなかった技術に触れ、それをプロレスに応用するのが楽しくなりモチベーションが回復しましたね。

――人知れず悩んでいたのですね。でもエセ骨法を学ぶあたりがMAOさんらしい(笑)。僕はMAOさんのプロレスは自由で既存の「プロレス」というカテゴリーにはまらない動きが魅力だと思います。

MAO:僕は「プロレスに正解がある」という考えが苦手。「プロレスに正解がある」とは思ってないけど「ハズレはあるよ」と考えています。その「ハズレ」をしなければ、なにをやってもいいと思っています。あくまで表現者として「ハズレ」をせず、決められた範囲の中で戦っていくのが「プロレス」だと思っています。だから観てくれる方が「自由にやっている」と捉えてくれるのかも知れませんね。

【DDTプロレス 竹下幸之介】秋山準を倒しD王GP2年ぶり2度目の頂点へ

――MAOさんは同じ技でも、入り方や飛び方が毎回違うのでワクワクします。でもそんなMAOさんが悩んでいたのは気づきませんでした。

MAO:人知れず悩んでいました。The 37KAMIINAのメンバーにしか話していなかったですね。
<(2)につづく>

<インフォメーション>
5.1横浜武道館「MEGA MAX BUMP 2022 in YOKOHAMA」にて挑戦者・朱崇花選手を迎えるDDT UNIVERSAL王者・MAO選手。その他メインイベントでは第78代王者・遠藤哲哉選手にThe 37KAMIINAの上野勇希選手が挑戦します。詳細はDDTプロレスリング公式サイトをご覧ください!
また試合は動画配信サービスWRESTLE UNIVERSEで生配信されます

MAO Twitter
DDTプロレスリング Twitter

取材・文/大楽 聡詞
編集/塩田 博史
写真提供/DDTプロレスリング

関連記事