• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレスリング MAO(2)】この2年間は本当に辛いことが多かった

【DDTプロレスリング MAO(2)】この2年間は本当に辛いことが多かった

3.20両国大会で佐々木大輔・葛西純との3WAYマッチを制し自身初のシングルタイトルDDT UNIVERSAL王座を獲得したMAO。彼は5.1横浜武道館大会にて挑戦者・朱崇花を相手に2度目の防衛戦を迎える。

<(1)はこちら>

――昨年末のD王GP、同じブロックにHARASHIMA選手、樋口和貞選手、竹下幸之介選手、クリス・ブルックス選手、そして岡林裕二選手がいました。モチベーションが回復し出場したD王GPはいかがでしたか?

【DDTプロレス HARASHIMA】CyberFight FESではDDTを昔から観ているファンの方にも届けたかった

MAO:戦った相手、全員タイプが違いました。僕はBブロックの中で1番体重が軽かったので、工夫しながら戦うことが楽しかったですね。その工夫が樋口さんやHARASHIMAさんに上手くハマり勝つことができました。岡林さんには完全に負けたわけではなく、試合後「ワンチャンスあったな」と思いました(笑)。

――MAOさんが岡林選手に勝つ姿、見たいですね。

MAO:形はどうであれ「勝てなくはなかった」と。でもクリスとは自由に戦いすぎちゃいましたね(苦笑)。お互い「プロレスにハズレはあるけど正解はない」と考え方が似ています。

――たしかにクリス選手とはプロレスの捉え方が似ている気がします。そして「Ultimate Tag League 2022」では勝俣瞬馬選手とタッグを組みました。

MAO:勝俣さんとはプライベートで1番仲が良いですね。考え方が似ているしプロレスで見せたいものが一緒。DDTを観にくるお客さんは「楽しいものを見たいんだろう」と。僕も勝俣さんも「そのイメージを崩したくない」と思っている2人です。フィーリングも合うしやりたいことも合う。勝俣さんはハードコアからデスマッチまで戦いますが、そのスタイルも僕と一致する部分が多いですね。

【DDTプロレス クリス・ブルックス(1)】叔父が持ってきたプロレスビデオを繰り返し観ていた

関連記事