• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレス 上野勇希】お互いの主義主張を感じているからこそ高梨さんに勝ちたい!

【DDTプロレス 上野勇希】お互いの主義主張を感じているからこそ高梨さんに勝ちたい!

第4代DDT UNIVERSAL王者として最多連続防衛記録6回を持つ上野勇希。その上野を現王者・高梨将弘が次期挑戦者として指名。5.1横浜武道館でDDT最高峰のベルト「KO-D無差別級王座」に挑戦した上野にとって青天の霹靂。チャンピオンからの指名を上野はどう受け止めているのか?

――前回の取材が昨年のD王GP前。優勝決定戦の相手はThe37KAMIINAの仲間、そして同級生でもある竹下幸之介選手でした。その試合で「上野勇希」が感情を露わにし、レスラーとして覚醒した気がします。8ヶ月前の試合で恐縮ですが、この試合は振り返っていただけますか?

上野:D王GPのAブロックを勝ち抜いた先にBブロック1位のタケ(竹下幸之介)がいた。そこまでなんとかたどり着き、タケと同じ高さで戦えました。

自分でレスラーとして覚醒したのかは分からないけど、日々プロレスのことを考えて少しずつ積み上げて行ったらD王GPの優勝決定戦、目の前にタケがいた。何かが変わったというよりも「自分が積み上げてきたものが間違いではなかった」と思えたし、「もっと上に行ける」という気持ちにもなりましたね。

【DDTプロレス 上野勇希】The 37KAMIINAはお互いの存在が活力になっています

僕は飛び級ができない人間です。「どうすれば強くなれるのか」「どうすれば自分のプロレスが確立できるのか…」と日々悩んでいる中でタケとぶつかった

言葉にするのが難しいけど「初めてタケとキチンと試合ができた」と思えた。だから覚醒したというよりも「自分は前進できている」と実感した試合です。

――毎日の積み重ねが間違いでないことを竹下選手との試合を通じて感じたのですね。その竹下選手が4月に渡米しました。MAO選手が「The37KAMIINAは火力が落ちた。ユニットとしてみんなが踏ん張らなければいけない」とコメントしています。小嶋斗偉選手も加入し、上野選手・勝俣瞬馬選手・MAO選手が3トップとして頑張っている時期かと思います。竹下選手不在のThe37KAMIINAをどのように考えていますか?

上野:「火力が落ちた」とは思っていません。たしかにタケがいるのといないのとでは戦力が落ちるかもしれない。でもタケがいないからこそ出来ることがたくさんある。僕は3トップという感覚はないですし、小嶋にチャンスが来る場面もあると感じています。「火力が落ちた」というより「どこを伸ばせるか」というのが僕の考えです。

【DDTプロレスリング MAO(1)】ハズレをしなければ、なにをやってもいいのがプロレス

考え方によって作戦や心の持ちようも変わってくる。「タケがいないからヤバい」ではなく「小嶋をThe37KAMIINAで、どうやって爆発させるか」に注力しています。

そのタケのアメリカでの頑張りが僕たちを奮い立たせてくれる。ですから日本にいる僕たちはThe37KAMIINAの中で「小嶋をどう機能させるか」を考えています。タケがいなくなった分は小嶋が頑張ってくれるし、The37KAMIINAのチーム力でなんとかしたいと思っています。

【DDTプロレス 竹下幸之介】他団体に流失したベルト奪還に向け

関連記事