• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレス 上野勇希】The 37KAMIINAはお互いの存在が活力になっています(前編)

【DDTプロレス 上野勇希】The 37KAMIINAはお互いの存在が活力になっています(前編)

9年前、プロレスラーである同級生の戦いを見てプロレスに魅了された上野勇希は12.5後楽園ホールDDT最強決定戦「D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ」優勝決定戦のリングで、その同級生・竹下幸之介の前に立つ。竹下に紹介されたジムに通い、竹下に背中を押されてDDTの入団試験を受けた。Aブロックを勝ち抜き、Bブロックを勝ち抜いた竹下と同じ立場でリングに上がる上野は今何を思うのか…

――上野選手への取材が2月以来になります。12月なので1年を振り返って頂きたいと思います。

上野勇希(以下 上野):常日頃必死に生きていまして、何が今年で何が去年なのか分からないのですけど…(苦笑)。

――分かりました(笑)。昨年末、当時は「DDTサウナ部」として活動を開始したThe 37KAMIINA。今年はThe 37KAMIINAがDDTを掻き回した1年でしたね。

上野:先日11.3 D王GP初戦が大田区で行われました。ちょうど1年前の11.3大田区で僕はクリス・ブルックス選手からDDT UNIVERSALベルトを獲得しました。その日がThe 37KAMIINAが始まった日ですね。

【DDTプロレス 上野勇希】DDT UNIVERSAL王者としての責任

――最近、小嶋斗偉選手が加入しましたが、竹下幸之介選手・MAO選手・勝俣瞬馬選手と同世代ユニットの「The 37KAMIINA」、1年間活動してきていかがですか?

上野:私生活で普段からサウナに行ったり仲良しですしリング上でも呼吸が合います。「サウナ」を通じて4人でいろいろなメディアに露出する機会も増えました。リング内外問わず、やりやすいですね。若者ばかりの珍しいユニット、とてもバランスが良いユニットだと思います。

――昨年2020年11月にクリス選手を破りDDT UNIVERSALベルトを獲得しました。第4代王者として防衛戦を重ねる姿を見て上野選手のレベルが上がったように感じます。

上野:DDT UNIVERSALを防衛していた期間は「ベルトに引っ張り上げてもらった」と言いますか…ベルトが有ったから色々な選手を挑戦者として迎えることができました。後楽園ホールのメインで試合もしたし無観客試合も経験しました。タイトルマッチ、そしてメインイベンターとしての責任を自分に与えることができたと思います。

【クリス・ブルックス】叔父が持ってきたプロレスビデオを繰り返し観ていた

――DDT UNIVERSAL王座はMAO選手から始まり、翔太選手・坂口征夫選手、岡田佑介選手、高尾蒼馬選手、彰人選手と6度防衛しました。この中で印象に残っている試合はありますか?

上野:(振り返るように…)どの試合も凌ぎを削って戦いました。タイトルマッチって不思議なもので、試合日程が決まってから対戦相手のことばかりを考えます。もちろん前哨戦で戦う機会も多い。皆さん特徴のある方ばかりで印象に残っていますね。

関連記事