俺達のFMW マンモス佐々木編 「第3回 修羅を受け止める(後編)」

<第1回はこちら>
<第2回はこちら>
<第3回 前編はこちら>

――FMW崩壊後にミスター雁之助さんやハヤブサさんと共にWMF旗揚げに参加されたマンモス選手ですが、2003年3月19日に冬木弘道さんが壮絶なガン闘病の末に42歳の若さで他界されます。お世話になった冬木さんについて思い出すエピソードとかございますか?

マンモス:FMW時代に巡業とか一緒に回っていたんですよ。宣伝カーに乗ったりとか。WAR後期でリングアナウンサーを務めて、後に冬木さんと行動を共にする中村吉佐さんという方がいまして、この中村さんと冬木さん、山崎直彦、元川恵美(さくらえみ)さんの5人で巡業を回っていたんです。その関係もあって、若手時代は冬木さんにはよくしてもらいまして、冬木さんの昔話とか聞かれてもらったりとか。FMW崩壊後に二つに分かれた時も、金村さんから「お前はこっちの人間だと思っているから、来ても大丈夫だよ」と冬木さんの誕生日パーティーに呼ばれました。冬木さんはガンに効く健康ドリンクを飲んでいて、そこで冬木さんから「お前はハヤブサのことがあるから、そっちにいく気持ちはわかるよ。もし何かあったら、気にせずにうちに来いよ」と言ってくれたのが嬉しかったですね。

――冬木さんはマンモス選手の事情も分かった上で、今まで通りの関係でいてくださったんですね。ちなみに最後にお会いしたのはいつですか?

マンモス:意識がなくなって亡くなる直前くらいに病院にいきました。

――確か冬木さんの奥さんが「必死に闘っている夫を撮ってください」とお願いして、東京スポーツの記者やカメラマンも病室に入れて、昏睡状態の自分を撮らせていると思うんですよ。

マンモス:病棟の待合室かエレベーターホールで話して、WEWにプロデューサーで関わっていた伊藤豪さん(元FWMレフェリー兼ブッカー)が「冬木さん持ち直すから、大丈夫だよ。また何かあったら連絡するよ」と言われて、みんなで一回引き返したんですよ。高速道路に乗って、埼玉のインターに入ったぐらいに伊藤さんから電話がかかってきて、「ボス、亡くなった…」と。

アルティクリーン|素敵本舗
人や動物、自然環境面にも全く安全で、無添加・無香料・無着色・ノンアルコール。除菌の効果は塩素の10倍とも言われている!

――冬木さんが亡くなったその日にマンモス選手も病院にいたんですね。

マンモス:そうですね。冬木さんは「何とか一緒にいられないのか」と何度も言っていたんですよ。僕が意固地になっていた部分もあったのですけど、本当は冬木さんと一緒にやれたらよかったのかもしれないですね。選手間で問題があったのは上の人達で、僕としては何もわだかまりもなかったので、WEWとWMFがいつかひとつになったらいいなというのがずっとありましたね。

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share me!
  • URLをコピーしました!
目次