• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレス 7.3後楽園】新世代の到来!樋口和貞、KING OF DDTトーナメントを制しKO-D無差別級ベルト初戴冠!

【DDTプロレス 7.3後楽園】新世代の到来!樋口和貞、KING OF DDTトーナメントを制しKO-D無差別級ベルト初戴冠!

6.16新宿大会からスタートしたKING OF DDT 2022。6.19後楽園で2回戦に勝利し準決勝進出者は秋山準・樋口和貞・上野勇希・吉村直巳の4選手。2014年DDTは「若手主体のプロジェクト」としてDNA(DDT NEW ATTITUDE)を発足。そのメンバーとして活躍した樋口・上野・吉村。高木三四郎社長は「DNAで活躍した選手がKING OF DDTの準決勝に3名いるのは感慨深い」と話した。竹下幸之介や遠藤哲哉、HARASHIMAがいないKING OF DDT 2022の準決勝・決勝はDDTの新時代を予感させる戦いだった。

■KING OF DDT 2022準決勝 第1試合(時間無制限1本勝負)
○吉村直巳(10分46秒 体固め)上野勇希●

準決勝 第1試合は元タッグパートナー同士のノーチラス対決。ここまでシングル対戦は吉村が全勝。

吉村は1回戦クリス・ブルックス、2回戦HARASHIMA、そして準決勝が上野勇希と対戦選手がシングルタイトル戴冠者。

【DDTプロレス 吉村直巳(1)】僕が「KO-Dタッグベルト返上」を言い出した時、HARASHIMAさんは「カッコいいね!」と理解してくれました

かたや上野は1回戦KANON、2回戦佐々木大輔と曲者を相手にトーナメントを勝ち上がってきた。地上波バラエティー番組にThe37KAMIINAで出演、プロレスに興味を持ち会場に足を運んだ新規ファンの前で負けるわけにはいかない。

【DDTプロレス 上野勇希】The 37KAMIINAはお互いの存在が活力になっています

吉村はヘッドロックで上野を締め上げつつ、胸に拳を落とす攻撃で上野の心を削る。パワーで吉村に劣る上野は立体攻撃で吉村を追い込んでいく。だが10分過ぎ、吉村が払い腰から一気に畳み掛け上野からカウント3を奪い、初の決勝進出を決めた。

関連記事