【DDTプロレス 上野勇希】DDT UNIVERSAL王者としての責任(前編)

2021年、DDT最初のビックマッチが2月14日カルッツかわさきで行われる。10.25後楽園KO-Dタッグ戦で坂口に絞め落とされた上野勇希は、第4代DDT UNIVERSAL王者として坂口征夫の挑戦を受ける。前編はDDT UNIVERSALベルト獲得前後を振り返ってもらった

――お久しぶりです。前回の取材が6月、#STRONGHEARTSのT-Hawk選手とエル・リンダマン選手とのKO-Dタッグ戦前でした。あの頃から約8ヶ月、状況がガラリと変化しましたね。

上野勇希(以下 上野):(少し考えて…)KO-Dタッグベルトを落として、チームも変わりました。確かに状況は変わりましたね。

――僕が印象に残っているのが10.25後楽園大会、EruptionとKO-D6人タッグ、KO-Dタッグと2試合連続タイトル戦が組まれたことです。1試合ごと激しい戦いで、体力を削りあった2試合でしたね。

上野:2試合連続タイトルマッチで、負けられない戦いでした。例えば、タッグ王者としてベルトを死守するため、最初の6人タッグ戦で体力を温存する作戦も可能でした。

 しかし、当時DISASTER BOXとして平田一喜さんとの6人タッグでベルトも必要としていた。もちろんベルトに優劣はありません。ですから最初から全力で行こうと思っていました。

 相手チームのEruptionも、こざかしいことを考えて戦うチームではありません。全力で戦った結果、ベルトを失ったわけで(苦笑)。今振り返っても非常にスリリングな2連戦でしたね。

――たぶん、上野選手のプロレス人生でも、今後「2試合連続タイトルマッチ」って、なかなかないことですよね。

上野:タイトルマッチを2試合連続は、なかなかないでしょうね(苦笑)。あのメンバーでやることも、ほぼほぼないと思いますし。2試合とも負けてしまったのが悔しいですね。

 ただ1試合1試合、あの状況の中で自分の全力を出せたので…逆に言えば常にフルパワーを出し続けて戦うという感覚を得たような気がします。余力を残さず試合をし続ける。6人タッグで締め落とされたところから、2試合目が始まるという。その経験が大きかったですね。

――6人タッグ後、上野選手の回復を待って時間を取るのかと思ったら、すぐに始まりましたよね。

上野:坂口さんに締め落とされて、頭が朦朧として6人タッグで負けたことを知って…(少し考える)ここで休んでいたら、自分の士気が下がってしまうので「よし、すぐに行こう」と向かって行きました。結果、返り討ちに合いましたが(苦笑)。

 やっぱり一瞬でも心が負けると戦いに影響が出るので、常に自分の闘志を上げていきますね。

関連記事