俺達のFMW マンモス佐々木編 「第2回 濁流に向き合う(前編)」

伝説のインディー団体FMWの功績を選手や関係者の証言によって後世に語り継ぐ連載「俺達のFMW」シリーズ。

最初の証言者は、プロレスリングFREEDOMSの”目覚めた猛獣”マンモス佐々木(以降はマンモスと形容)が登場。

マンモス佐々木(まんもす ささき)1974年7月23日大阪府大阪市出身 188cm 115kg 1997年12月8日デビュー 所属 プロレスリングFREEDOMS タイトル歴 WEWヘビー級王座、WEWハードコア王座、WEWタッグ王座。WEWハードコアタッグ王座、BJW認定タッグ王座、KING of FREEDOM WORLD TAG王座 得意技 29歳、アッサムボム ※プロレスリングFREEDOMSの重鎮。かつて伝説のインディー団体FMWで活躍。その実力はメジャーにも負けないインディー屈指の大怪獣。

<第1回はこちら>
第2回となる今回は、1999年~2001年までのマンモスのFMW史を時系列で振り返る。インタビューを進めるに連れてマンモスからは興味深いFMW話が次々と飛び出した。

スーパーインディーからエンターテイメントプロレスに路線変更し、濁流のように激動のFMWにおいて、彼はどのように向き合い闘い続けたのだろうか?

――エンタメ路線に変更したFMWは1998年11月に荒井昌一社長と所属選手が一丸になって創設者である大仁田厚さんに撤退を要求して、最終的に離れたという経緯がありました。

マンモス:荒井社長や選手が大仁田さんを事務所に呼んでFMW撤退を要求した件があるじゃないですか。その前日(11月20日)が横浜文化体育館でビッグマッチがあったんですよね。

――確か大日本プロレスに参戦していたミスター・ポーゴ(当時はグレート・ポーゴというリングネーム)がFMW横浜大会に現れて、大仁田さんとシングルマッチで闘いました。

マンモス:その頃、大仁田さんには新日本プロレスに上がるという考えはあったようですね。(大仁田は1998年11月18日新日本プロレス・京都大会に突如乱入し、引退していた長州力現場監督への対戦要望を直訴。プロレス史上に残る乱入劇として後世に語り継がれている)

関連記事