俺達のFMW マンモス佐々木編 「第2回 濁流に向き合う(後編)」

<第1回はこちら>
<第2回 前編はこちら>

――マンモス選手は、1999年11月23日・横浜アリーナ大会で同期の山崎直彦さんと組んで、ザ・ファンクス(ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク)と対戦しています。ファンクスと闘った時の印象はどうでしたか?

マンモス:なんか掌の上で回された感じでしたね。それに尽きますね。

――この時、記憶が確かならマンモス選手と山崎直彦さんが「FMWのテーマ」で入場してきて、頭を下げた後に走ってリングインしているんです。あれは清々しいなと感じましたよ。ファンクス相手のチャレンジマッチだったと思うので、意気込みが伝わりました。

マンモス:実は試合後にご挨拶をさせてもらった時に、ドリーさんからロックアップを教えてもらったんですよ。そのロックアップは未だに使ってます。あと新崎人生さんにも新人時代にロックアップを教えてもらったことがあって、新崎さんの場合はどれだけ間合いがあっても、一気に間を詰めて一気にパワーを収縮するようなロックアップをされるんですよ。ドリーさんから教わったロックアップは、右手で相手の首を掴んで身体をコントロールして、左手は組んだ時に相手の頭をコントロールするというタイプでした。

――ドリーさんのロックアップはアマチュア・レスリングのような首の取り合いみたいですね。ロックアップも奥が深いですね。

マンモス:ドリーさんにロックアップを教えてもらった時は嬉しかったですよ。プロレス界の仙人みたいな方ですからね。

――ファンクスが参戦した横浜アリーナ大会がエンターテインメントプロレスFMWの社運が懸かった大会だったと言われています。この横浜アリーナ大会について何かエピソードがあれば教えてください。

マンモス:試合は金村さんVSボールズ・マホーニーのハードコアマッチが面白くて、あれもテレビカメラをうまく使った試合だったんですよ。あとショーン・マイケルズがレフェリーとして来日したじゃないですか。その時、愛弟子のアメリカン・ドラゴン(ダニエル・ブライアン/ブライアン・ダニエルソン)とランス・ケイドを日本に置いたじゃないですか。アメリカン・ドラゴンなんて後にWWEでスーパースターになるなんて思わなかったですよ。

――そうですよね。あとランス・ケイドも後にWWEでタッグ王者になっているんですよ。

マンモス:二人ともWWEで活躍されたんですね。あとリッキー・フジさんもショーン・マイケルズの流れにいるんですよね(笑)。

関連記事