俺達のFMW マンモス佐々木編 「第3回 修羅を受け止める(前編)」

伝説のインディー団体FMWの功績を選手や関係者の証言によって後世に語り継ぐ連載「俺達のFMW」。

最初の証言者は、プロレスリングFREEDOMSの”目覚めた猛獣”マンモス佐々木(以降はマンモスと形容)が登場。

マンモス佐々木(マンモス ささき)1974年7月23日大阪府大阪市出身 188cm 115kg 1997年12月8日デビュー 所属 プロレスリングFREEDOMS タイトル歴 WEWヘビー級王座、WEWハードコア王座、WEWタッグ王座。WEWハードコアタッグ王座、BJW認定タッグ王座、KING of FREEDOM WORLD TAG王座 得意技 29歳、アッサムボム ※プロレスリングFREEDOMSの重鎮。かつて伝説のインディー団体FMWで活躍。その実力はメジャーにも負けないインディー屈指の大怪獣。

<第1回はこちら>
<第2回はこちら>
第3回となる今回は、エンターテインメントプロレスで大勝負を賭けたFMWが経営難により倒産。そこから悲劇の連鎖が沸き起こる中で、FMWというホームリングを失ったマンモスに待ち受ける運命とは?あの時、修羅を受け止めるしかなかった猛獣は当時の過酷な現実を語り始めた。

――ハヤブサさんが大怪我を負い長期欠場に追い込まれてから二か月後の2001年12月9日・後楽園ホール大会でマンモス選手は、ミスター雁之助さん、金村キンタローさん、黒田哲広さんと組んで、WAR軍の天龍源一郎さん、冬木弘道さん、嵐(高木功)さん、北原光騎さんと8人タッグマッチで対戦し、場内が熱狂する名勝負を残しました。この試合について語っていただけますでしょうか。

マンモス:とにかく冬木さんがいつも対戦している冬木さんじゃなくて、「やれるものならやってみろ!」という雰囲気を出していて怖かったんですよ。

――冬木さんは新日本で全盛期の橋本真也さんと壮絶な喧嘩マッチを展開して、プロレスラーとしての株を上げたことがあって、実は喧嘩マッチが強い方なんですよね。

マンモス:冬木さんは強いですよ。あと天龍さんとこの試合で初対面だったんですが、試合前に後楽園ホールのトイレでバッタリ会ったんですよ。「お疲れ様です」と挨拶すると、天龍さんから「お前、東関部屋に顔を出しているのか?」と聞かれて、「いえ、顔を出していません」と答えると、「そうか、俺もだよ」と言われましたね。あの時は、東関部屋の兄弟子達の顔を思い出しましたね(笑)。

――東関部屋に所属していたマンモス選手は角界を去ってプロレスラーとして再出発されて、二所ノ関部屋に所属していた天龍さんは部屋の後継問題に巻き込まれて角界を去って、プロレスラーに転身しています。しかも三役一歩手前だったのに廃業されたんですよね。

マンモス:天龍さんは親方衆になれるところまでの地位にいた方ですから。僕は後に天龍さんの付き人を務めることになるのですが、天龍さんが「最後に勝ち越して辞めたのは俺の意地だよ」と語ったのがかっこよかったですね…。(1976年の秋場所で当時・東前頭13枚目だった天龍は8勝7敗で勝ち越して、角界を廃業している)

――それはプロレスリング・ノアで活躍した力皇猛さんも同じようなことを言っていたと思います。「天龍は本来ならば三役になれたのに、最後の場所を勝ち越して辞めたのが凄いんです」と。

マンモス:その通りですね。あと北原光騎さんが喧嘩プロレスという感じで怖かったです。試合中に正面から金的を蹴られたんですよ。「こんな感じでくるんだな」と。まぁ、この試合でのWAR軍の圧が凄くて、付け入るスキがなくて(笑)。

――確かにあの4人は最強でしたね。個人的にはFMW軍VS WAR軍の8人タッグマッチはFMW最後のベストバウトだったと思います。

マンモス:あの緊迫感は僕のレスラー人生の中でも数えるほどしかないですね。

関連記事