俺達のFMW マンモス佐々木編 「第2回 濁流に向き合う(前編)」

――そうですね。FMWを離れてから大仁田さんは新日本に照準を絞ってひとりで参戦していますね。当時、マンモス選手は大仁田さんの付き人を務めていました。FMWが大仁田さんを排除するという現場のやり取りはどのような感じだったんですか?

マンモス:実は他の選手の話を聞くと、当日に事務所に呼ばれ、大仁田さんを排除するということを知ったらしいんですよ。僕は大仁田さんの付き人だったんですが、前シリーズくらいから、ハヤブサさんから飲みに行こうと誘われる機会が多くなりまして、確か北海道の巡業だったと思うんですが、飲みの席で「お前は大仁田さんの付き人をしているけど、実は大将(大仁田さん)にはFMWを出ていってもらおうと思っているんだ」と言われたんですよ。「それはどういうことですか?大仁田さんの付き人なので聞き捨てなりませんね」と僕は言ったんです。するとハヤブサさんから「これからのFMWは大将がいてもらったら出来ないことがあるんだ。お前はFMWには必要なんだよ」と諭されました。ただ、ハヤブサさんは飲みの席でも大仁田さんの悪口は言わなかったですね。大仁田さんとは巡業では起きてから寝るまでずっと一緒だったので、その時は複雑な気持ちでした。だからといって大仁田さんにこのような計画があると告げ口するほど野暮じゃないですから。田中(将斗)さんがアメリカ遠征中だったので、相談できる先輩がいなくて、もし田中さんが日本にいたら相談したかったですよ。

――団体と大仁田さんで板挟みだったんですね…。

マンモス:そうですね。それで大仁田さんを事務所に呼び出す前日の横浜大会で大仁田さんと試合のセコンドについていて、めちゃくちゃ号泣しちゃったんですよ。すると大仁田さんが「大丈夫だよ。俺が新日本に行くことにそんなに心配するなよぉ」と声をかけてくたんですけど、僕は複雑で胸が痛かったです。確か大仁田さんをFMWから排除するという計画は恐らく、(ミスター)雁之助さんや金村(キンタロー)さん、邪道さん、外道さんとかは知らなかったと思うんです。

――ちなみに大仁田さんから一緒に行こうという話はなかったんですか?

マンモス:横浜大会の翌日、事務所に呼ばれて、計画を実行した時に大仁田さんから「お前までどうしたんだよ」と言われて、「一緒に行きます」と言って、大仁田さんからは「じゃあ家まで来いよ」と言われて、一緒に大仁田さんの家に行ったのは僕と保坂秀樹さんでした。

――そうだったんですね。確か、大仁田さんが2021年8月15日FMW-E大阪・鶴見緑地大会で、保坂さんへの追悼コメントで「俺がFMWを離れるとき、保坂とマンモス佐々木が『一緒についていきます』と言ってくれました。だけど、彼らの人生が開かれるように、僕はひとりで新日本に殴り込みました」と語っているんですよ。

マンモス:それでも最終的には、大仁田さんからは「お前はFMWに残れ」と言われたことで心が決まりました。あとハヤブサさんがあんなに自分に時間を割いてくださって、真剣に向かい合ってくれて…。今、思えば説得してくれたのかもしれませんが、FMWの大エースのハヤブサさんに団体にいてほしいと思われたことも大きかったですね。

関連記事