俺達のFMW マンモス佐々木編 「第1回 猛獣の原点」

プロレス界とは離合集散の歴史である。多くの団体が誕生し、多くの団体がさまざまな事情で消えていった。そんな消滅した団体の中にも今でもプロレスファンの記憶に残る団体が存在している。

1989年~2002年の13年に渡り活動してきたFMWは、伝説のインディー団体として今なお我々の記憶の中で生き続けている。

FMWは、1989年7月、元全日本プロレス所属選手の大仁田厚がわずか5万円の資金で設立された。日本におけるインディー団体の草分け的存在と言われ、日本で初めてミックスファイトと女子選手による単独興行も手がける男女混合プロレス団体。また新生FMW時代にはデスマッチ&ハイクオリティなプロレスを展開し、世界のハードコアスタイルのパイオニアとなった。大仁田が立ち上げたFMWの成功により、それに倣ったインディー団体の乱立を呼び、1990年代以降の日本のプロレス界が多団体時代を迎える影響を及ぼした。社長兼エースとした八面六臂の大活躍を遂げた大仁田は”涙のカリスマ”と呼ばれ時代の寵児となった。創世記のFMWは異種格闘技戦路線だったが、やがてデスマッチ路線に移行。特にノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチは団体の看板商品となった。1995年、大仁田が2度目の引退により、社長を辞任したことにより大仁田体制は終焉。創世記からリングアナウンサーを務めた荒井昭一が社長に就任し、新たな運営会社の下でメジャー級の身体能力とスター性を誇る”不死鳥”ハヤブサをエースに据えて、新生FMWとして再出発を果たす。1998年からエンタメ路線に移行し、エンターテインメントプロレスを標榜し、日本版WWEの道を歩むも、資金難という問題に直面し、経営が悪化。2002年2月14日と15日、FMWは2日連続で不渡りを出して事実上倒産。FMW崩壊後は冬木弘道が率いるWEWとハヤブサとミスター雁之助が率いるWMFと二派に分かれた。

今年(2021年)に入り、保坂秀樹さんやBAD BOY非道さんといったFMWに在籍したレスラーの悲報が続いている。来年(2022年)で崩壊から20年を迎えるFMWについて証言できる当事者も少なくなっていく現状。そこでFMWを文章表現で伝承し、団体の歴史を選手や関係者の証言によって後世に語り継ぐ「俺達のFMW」がスタートしたのである。

第1回は、プロレスリングFREEDOMSの”目覚めた猛獣”マンモス佐々木(以降はマンモスと形容)が登場。

マンモス佐々木(まんもす ささき)1974年7月23日大阪府大阪市出身 188cm 115kg 1997年12月8日デビュー 所属 プロレスリングFREEDOMS タイトル歴 WEWヘビー級王座、WEWハードコア王座、WEWタッグ王座。WEWハードコアタッグ王座、BJW認定タッグ王座、KING of FREEDOM WORLD TAG王座 得意技 29歳、アッサムボム ※プロレスリングFREEDOMSの重鎮。かつて伝説のインディー団体FMWで活躍。その実力はメジャーにも負けないインディー屈指の大怪獣。

3時間半にも及んだ取材の中で、彼はFMWを熱く深く語り尽くしている。これはその一部始終である。

関連記事