• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【プロレスリングWAVE 野崎渚(前編)】プロレスラーとしてデビューしたならキチンと引退したい

【プロレスリングWAVE 野崎渚(前編)】プロレスラーとしてデビューしたならキチンと引退したい

プロレスリングWAVEの象徴・レジーナ王者に君臨する野崎渚。7.17 後楽園で、“波女”の称号を手にすべくプロミネンスの鈴季すずと対戦する。昨年野崎はプロレスデビュー15周年。その後リング上でさらに輝きを増した。彼女の中で何が変化したのか?前編では野崎の生い立ちからWAVE選手の印象などをインタビュー。野崎の素顔に迫る。

――野崎選手は、小さい頃どんな子供でしたか?

野崎:私は4人姉妹の2番目、姉妹に上下関係がなく友達感覚。基本的におっとりした子供でしたね(笑)。親が「このままだと良くない」と思い、小学3年からバレーボールをやることになりました。それで運動神経が良くなりましたね。結果的にバレーボールは中学3年まで続けました。ただ中学3年の時にはプロレスをやると決めていたので、そこまで本気で取り組んでいませんでしたね(苦笑)。

――プロレスに興味を持ったキッカケを教えて下さい。

野崎:父がプロレス大好きで、小さい頃から家族で観戦していました。私がプロレスを観始めた頃、プロレスは格闘技ブームに押され気味。ただ私が真剣にプロレスを追っかけ始めたのは中学に入ってからです。

中学3年の時、その後自分が所属するNEO女子プロレスの大会が地元長野で開催されました。今まで色々な団体を見てきたけど、初めてリング上で戦う自分の姿が想像できた。

元々NEO女子プロレスは好きな団体。初めて生観戦できることで興奮していました。リング上で戦っている選手の中に自分の姿をイメージできたんです。それで大会の帰り道、父に「プロレスやりたい」と話しました。

――お父さんの反応はどうでしたか?

野崎:反対されませんでした。元々中学3年生までしっかり通えば、その後の進路は自分の好きなようにしていいと。ただ「自宅の近くにレスリングの強い高校があるので、高校3年間そこに通ってもいいのではないか?」と提案されましたね。でも自分的にはすぐにでもNEO女子プロレスに入団したかったので、中学在学中に履歴書を送りました。中学卒業1ヶ月前に入門テストを受け合格、中学を卒業した2日後に上京しNEOに入門しています。

――すごい行動力ですね。

野崎:若かったからですね(笑)。今は40歳でデビューする方もいますけど、若いからこそ出来る行動力もあるので。

NEOには2006年3月に入門、途中怪我もありデビューしたのが入門から8ヶ月後の11月でした。私が新人の頃はギリギリ「付き人制度」や昔ながらの上下関係もあったので正直シンどかった(苦笑)。

今は巡業で夜時間があったら楽しくご飯や飲みに行きますが、あの頃若手時代は試合後、先輩の洗濯がありました。だからコインランドリーを探して洗って干す。そして移動バスの掃除…とにかく雑用が多いのと自分自身怪我も多くて辛い思い出しかないですね。

関連記事