• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【プロレスリングWAVE 野崎渚(後編)】鈴季すずだからこそベルトを賭ける価値があると思った

【プロレスリングWAVE 野崎渚(後編)】鈴季すずだからこそベルトを賭ける価値があると思った

プロレスリングWAVEの象徴・レジーナ王者に君臨する野崎渚。7.17 後楽園で、“波女”の称号を手にすべくプロミネンスの鈴季すずと対戦。7.3名古屋大会の試合後、野崎はレジーナのベルトを賭けることを提案した。本来、波女がレジーナに挑戦できる権利を得る。なぜ野崎は、そのような行動に出たのか。

<前編はこちら>

――CATCH THE WAVE 2022に賭ける野崎選手の思いが、いつも以上に強い気がします。少し遡って昨年のCATCH THE WAVE 2021から振り返って頂けますか。

野崎:昨年のCATCH THE WAVEの波女 高瀬みゆきが怪我でレジーナ戦を欠場。代わりに3位だった私と米山香織選手が挑戦者決定戦を行い、私がレジーナに挑戦することになりました。ただ波女になれなかった私が挑戦することでどれだけのファンの方が納得するのか。私自身の15周年イヤーも控えていた。「所詮、高瀬の代打」と言われないように自分をステップアップさせていかなければいけない。色々なことを考えました。

【プロレスリングWAVE 7.1新宿】CATCH THE WAVE 2021、波女は高瀬みゆき!

そこでNEOの先輩 田村様から受け継いだ技「コブラクラッチ・スープレックス」を出すべきじゃないかと思いました。「本来ならレジーナには高瀬が挑戦するはずだったのにね」という声に負けたくない一心でしたね。

――かなりプレッシャーを感じていたんですね。

野崎:私はプレッシャーを感じたことがないです。ただそのような状況に負けたくないだけですね(笑)

――そうでしたか。昨年の野崎選手と今年の野崎選手の試合を比較すると、格段に今年の野崎選手が進化しているように感じます。

野崎:去年、2度目のレジーナ戴冠。さらに今年ディアナのW.W.W.D認定世界シングル王座を獲得したのが大きいと思います。二冠王者になったことで「もっと強く」という気持ちが湧き上がりましたね。

――二冠王者として2団体のシングル王者になるのは背負うものを違いますか?

野崎:違いますね。WAVEでもディアナでも「強さの象徴であり続けたいし、私がトップでいたい」。言葉にするのが難しいですが、私がディアナのベルトを巻いてトップにいるということは井上京子さんよりジャガー横田さんより上にいるわけです。それだけの責任を背負ってリングに立っている。周りから「えっ、野崎が二冠王なの?」と思われたくない。逆に「こんなにすごい人がチャンピオンなんだ」と思われたくて…結局、私は強くて凄いレスラーだと思われたいんですね(笑)。

【プロレスリングWAVE 4.1新宿FACE】PHASE2 Reboot 3rd「NAMI☆1〜Apr.〜’22」

関連記事