<第1回はこちら>
<第2回はこちら>
<第3回はこちら>
<最終回 前編はこちら>

――ちなみにこれは自身も試合でも、他の方でも大丈夫なのですが、マンモス選手が選ぶFMWベストバウトは何ですか?

マンモス:大仁田さんとハヤブサさんの試合ですね。FMWであれ以上のベストバウトはないと思います。(1995年5月5日川崎球場で行われた大仁田厚と愛弟子・ハヤブサの一騎打ち。この試合は世界ブラスナックル選手権試合&ノーロープ有刺鉄線電流地雷爆破時限爆弾デスマッチという過酷なルールで対戦することになった。死闘の末、大仁田がサンダーファイヤーパワーボムでハヤブサを撃破している)

――この試合は大仁田さんの二回目の引退試合。対戦相手は、将来のFMWを背負うエース候補筆頭のハヤブサさん。FMW創始者と新たな英雄による王位継承戦でした。

マンモス:あんなにストーリー性もあって、バトンを渡すという流れもあって、「俺を復帰させるなよ!」という大仁田さんの変なアンチテーゼもありましたね(笑)。

アルティクリーン|素敵本舗
人や動物、自然環境面にも全く安全で、無添加・無香料・無着色・ノンアルコール。除菌の効果は塩素の10倍とも言われている!

――ハハハ(笑)。実は大仁田さんの引退試合はターザン後藤さんとの対戦が決まっていましたが、後藤さんが直前になって突如離脱したことにより、東京プロレスの石川敬士さんに対戦相手が変わります。しかし、海外遠征から帰国したハヤブサさんが直訴し、石川が譲ったことにより対戦カードがさらに変更になって大仁田さんとハヤブサさんの一騎打ちが決まった背景がありました。

マンモス:あれ、ハヤブサさんからよく話していたのですが、大仁田さんは本当に石川さんと引退試合しようとしていたらしいんですよ。それでハヤブサさんが強引に止めて、対戦カードが変わったそうです。

――大仁田さんと石川さんの電流爆破でも、プロレスマニアは喜ぶかもしれませんが、やっぱりFMWの歴史を考えると大仁田さん引退試合の相手は後藤さんがいないのなら、ハヤブサさんかなと思います。ライバルのミスター・ポーゴさんとは引退ツアーでかなり対戦されて、決着戦もやっていたんですよ。

マンモス:そうですね。あと大仁田さんと天龍さんの試合も面白かったです。(1994年5月5日川崎球場で行われた大仁田厚VS天龍源一郎のノーロープ有刺鉄線電流爆破金網デスマッチは、プロレス史に残る名勝負となり、最後は天龍がパワーボムで勝利。敗れた大仁田は試合後に「一年後の引退」を発表している)

1 2 3

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share me!
  • URLをコピーしました!
目次