俺達のFMW マンモス佐々木編 「最終回 不滅のFMW魂(前編)」

伝説のインディー団体FMWの功績を選手や関係者の証言によって後世に語り継ぐ連載「俺達のFMW」。
最初の証言者は、プロレスリングFREEDOMSの”目覚めた猛獣”マンモス佐々木(以降はマンモスと形容)が登場。

マンモス佐々木(まんもす ささき)1974年7月23日大阪府大阪市出身 188cm 115kg 1997年12月8日デビュー 所属 プロレスリングFREEDOMS タイトル歴 WEWヘビー級王座、WEWハードコア王座、WEWタッグ王座。WEWハードコアタッグ王座、BJW認定タッグ王座、KING of FREEDOM WORLD TAG王座 得意技 29歳、アッサムボム ※プロレスリングFREEDOMSの重鎮。かつて伝説のインディー団体FMWで活躍。その実力はメジャーにも負けないインディー屈指の大怪獣。

<第1回はこちら>
<第2回はこちら>
<第3回はこちら>

最終回は、これまであまりクローズアップされなかったFMWの選手達、マンモスが選ぶFMWベストバウト、FMWでの思い出、そして彼にとってFMWとは何なのか?
今なおFMWを愛する男・マンモス佐々木の証言インタビューはいよいよ、クライマックスへ…。

――ここからマンモス選手にFMW時代の同期や後輩レスラーについて語っていただきたいと思います。まず2000年にデビューされた佐々木義人さん。後にゼロワンや大日本プロレスで活躍しますが、2015年に大日本を退団されて引退されています。FMW末期にシングルマッチとかで台頭していた彼について語ってください。

マンモス:義人は一時期、腰を痛めて辞めようかなという時期があったんですよ。それで僕が「お前は素質もあるし、とにかく辞めないで治療しながらプロレス続けていこうよ」と言いましたね。あいつはほっといても成長して伸びていく選手なんですよ。

――確かに義人さんの試合を見ていても有望株だなというのは分かりました。自分の感情をストレートにプロレスで伝える才能があったと思うんですよ。

マンモス:そうですね。あいつとライバル的な関係だったのがガルーダですよね。

――出ましたね!ガルーダさんについてもお聞きしたんですよ。ハヤブサさんの後継者として2001年に誕生した覆面レスラーのガルーダさんは元々、本名の森田友和で2000年にデビューされています。空中殺法が多彩で、身体能力も高く、180cmの身長もあって将来期待されたレスラーでした。現在はプロレス界からフェードアウトしています。

マンモス:ガルーダは本当に面白いヤツで(笑)。今みたいなSNSが発達していない時代だったのであまり表に出ていないと思うんですが、あいつは多才でしたよ。

――どういう意味の多才なのですか?

マンモス:よく二人で川越の道場に練習して、終わったら夜中までカラオケとかに行っていたんですよ。ある時に「僕、水泳します!」って言って、道場近くにある畑の用水路に飛び込んだんですよ!しかも夏とかじゃなくて11月とかにやったんですよ。本当にトンパチなんですよ(笑)。

関連記事