• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレス HARASHIMA】 CyberFight FESではDDTを昔から観ているファンの方にも届けたかった

【DDTプロレス HARASHIMA】 CyberFight FESではDDTを昔から観ているファンの方にも届けたかった

DDTの頂点を決める戦い「D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ」が11.3大田区総合体育館で開幕。5度目の出場となるHARASHIMAは第1回大会準優勝だが優勝はない。今回は少し早いが2021年を振り返ると共に、D王GPで戦うBブロックの選手の印象を聞いた。

――KO-Dタッグ10度目の戴冠おめでとうございます。パートナーがDISASTER BOX(ディザスターボックス)で1番若い吉村直巳選手ですね。

HARASHIMA:ありがとうございます。これまでのパートナーは大日本プロレスの岡林裕二選手やNOAHの丸藤正道選手、666の宮本裕向選手、ヤス・ウラノ選手等、自分と同世代もしくは自分よりキャリアが上の選手とのベルト戴冠が多かった。自分よりキャリアが浅く若い選手は初めてですね。

KO-Dタッグ王者に輝いた吉村直巳(左)とHARASHIMA選手

――若い吉村選手と組むということはリーダーとしてHARASHIMA選手がタッグチームを引っ張る感じでしたか?

HARASHIMA:DISASTER BOXはリーダーとか関係なく自由に意見を言っていいしリング上でお互いベストを出せるような関係性を築いているので僕の立ち位置は変わりません。ただこれまでDDTだけではなく「プロレス業界が盛り上がればいい」と思い他団体の選手と組むことが多かったですが、今回ユニットの後輩である吉村と組んでベルトを獲得できたことは気持ち的に大きいですね。

【吉村直巳(1)】HARASHIMAさんとベルトを巻くことに意味がある

吉村は上野勇希と組みノーチラスとしてベルトを巻いていた時期があります。コロナ禍になり彼は怪我で半年間欠場した。プロレスが出来ない時期、DDTフーズで「オンラインドロキ」等のオンラインイベントがあり、プロレス興行以外で吉村と話す機会が多く「普段の吉村」を知ることができました。それで一緒にユニットをやっていきたい気持ちが強まりました。

関連記事