• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレス 吉村直巳(1)】HARASHIMAさんとベルトを巻くことに意味がある

【DDTプロレス 吉村直巳(1)】HARASHIMAさんとベルトを巻くことに意味がある

DDTプロレスを代表するパワーファイターとして真っ向勝負を信条とする吉村直巳。今年5月まで怪我で半年間欠場していた吉村がHARASHIMAと組み10.12後楽園ホールで竹下幸之介、勝俣瞬馬の持つKO-Dタッグに挑戦する。今回は彼の生い立ちからタイトル戦にかける思いを聞いた。

――プロレスに興味を持ったキッカケから教えて頂けますか?

吉村直巳(以下 吉村):小さい頃、親父が格闘技やプロレスをたくさん観ていました。僕は四角いリングの中で行われていることは全部一緒だと思っていて、その中で「これが面白い!」と感じたのがプロレスでしたね。

出身は大阪。大阪プロレスがフェスティバルゲートで定期的に無料興行を行っていました。大会でくいしんぼう仮面がお菓子をくれるんですよ。最初はモノに釣られて観戦に行きました(笑)。その後、TSUTAYAで「プロレス」の棚を探すようになりましたね。最初の頃はドラゴンゲートのDVDを借りてずっと観ていました。

――ドラゴンゲートは吉村選手のスタイルとは違いますね。それは何歳くらいですか?

吉村:小学生に入るか入らないかです。ドラゴンゲートは神戸を中心に活動しています。あの頃は大阪のコンビニ店頭に割引券が置いてあり、それで親に連れて行ってもらいましたね。

――その頃からプロレスラーを目指していたのですか?

吉村:いやいや、プロレスラーにはなれないと思っていたんですよ。レスラーはキン肉マンのように超人しかなれない。僕は人間だから無理だと(苦笑)。

【DDTプロレス 竹下幸之介】他団体に流失したベルト奪還に向け

小学生の時、「わんぱく相撲」で竹下幸之介と何回当たっても全部負けました。ふと高校生の時、「あいつ(竹下)は何をしているのだろう」と思い、親の携帯借りて調べました。すると「DDT武道館デビュー」という衝撃のニュースを発見!そこで「『DDTプロレス』ってなんやねん?」と。その時までDDTを知らなかった(苦笑)。そこからDDTを見るようになりました。ただ中学・高校と柔道をしていましたが、将来「プロレスラー」を目指すまでには至らなかったですね。

関連記事