• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレス 吉村直巳(3)】HARASHIMAさんとベルトを巻くことに意味がある

【DDTプロレス 吉村直巳(3)】HARASHIMAさんとベルトを巻くことに意味がある

(1)はこちら
(2)はこちら

――吉村選手が欠場中に上野選手はDDTサウナ部(現・The 37KAMIINA)と言うユニットを結成しました。

吉村直巳(以下 吉村):上野さんのパートナーは僕だけじゃない。誰とでも合わせられる人なので上野さんのベストパートナーを見つけてくれればいいと思っていました。それよりもDDT UNIVERSALのベルトを獲得し「王者」として振る舞っている印象が強かったので、「上野さんらしく好きなようにやれば良いのに」と思っていましたね。それが今年3月後楽園ホール、岡田佑介選手とのタイトル戦で「DDT UNIVERSAL王者 上野勇希」が見えたので心配して損しました(笑)。

【DDTプロレス 上野勇希】DDT UNIVERSAL王者としての責任(前編)

――元パートナーとしての上野選手は気になる存在なのですね。ところで欠場中はどんなことを考えていましたか?

吉村:昨年12月までは週一回の治療だけで運動はしなかったです。その後、トレーナーに相談しながらウエートトレーニングを再開しましたが、腰の状態が悪くて気持ちも下がっていました。いろいろな人に相談し治療院を教えてもらい片っ端から行きました。そこで僕の体に合う治療院に出会いました。最初は10分連続で歩けず、駅から治療院までの距離でも、途中で立ち止まり腰を伸ばさないと苦しかったけど、治療後はストレートに駅まで帰れるようになった。それで「これは回復するかも…」と気持ちが前向きになりましたね。

――そして今年5月復帰しました。リング上で上野選手に対して「俺が巻きたかったそのベルト(DDT UINVERSAL王座)、それを獲れる位置に行くので。楽しみにしていてください」と言いましたね。

吉村:やっぱりシングルのベルトが欲しい。ただDDT EXTREMEは観ている方が好きです。だから勝俣選手が高木社長から獲得した時は、ただ素直に嬉しかった(笑)。DDT UINVERSALは昨年10月クリス・ブルックスに挑戦した時、自分の中で「すごく魅力的なベルト」だと感じたんですよ。

コロナ禍なので海外にはなかなか行けないけど、もし僕が獲得したら海外に行って戦いたい選手がいる。DNA解散後3ヶ月間アメリカに行ったけど、チャンピオンとして行けば立場が変わりチャンスも増えるだろうし。

クリスが持っていた魅力あるベルトを上野さんが獲得し防衛し続けたことで価値を上げた。だから復帰した時、「上野勇希が巻いているDDT UNIVERSALのベルト」を一つの目標にしたんだと思います。

【クリス・ブルックス(1)】プロレスビデオを繰り返し観ていた

関連記事