【プロレスリングWAVE 桜花由美】社長就任から2年。激動の日々(前編)

2007年にGAMIさんと共にプロレスリングWAVEを設立。2019年に同団体の代表取締役社長に就任した桜花由美。コロナ禍において難しい舵取りを迫られる中、まもなく社長就任2周年を迎える桜花。前編は声優を目指した頃からWAVE設立まで。

――小さい頃は、どんな女の子でしたか?

桜花由美(以下 桜花):4歳の頃に見たアニメ「魔法の天使クリィミーマミ」にハマって魔法少女になりたかったです(苦笑)。これがプロレスラーとしての人生の始まりであり、繋がっているんですよ。

――魔法の天使クリィミーマミがプロレスに繋がっているのですか?詳しく教えてください。

桜花:クリィミーマミが好きで魔法少女になりたい。と思いましたが、小学高学年で魔法少女になれないことに気づきました(笑)。そこでクリィミーマミの声優のである「太田貴子さんに会いたい」と思いました。声優になれば会えると。

――それは、いつぐらいですか?高校卒業してからとか…

桜花:中学1,2年くらいです。茨城から東京の養成所に通っていました。レッスン帰りに秋葉原や大宮のアニメイトで「クリィミーマミグッズ」を購入しました。

 憧れの太田貴子さんにはプロレスデビュー10周年の2011年にお会い出来て、一緒にLIVE出演させて頂きました。会うまでに30年以上かかりましたが、願っていれば叶うと思いました。

 私はクリィミーマミのおかげでプロレスラーになったし、本人に会えたのだと思います。クリィミーマミが私の人生を決めましたね。

 ある時、養成所の講師の方に、「声優だけでは難しいから役者もやった方がいい」とアドバイスを受けました。それで役者も始めるわけですが、別の方から「役者は10年続けて芽が出なかったら諦めた方がいいよ」とも言われましたね。

 21歳、声優目指してから8年経った頃、「あと2年頑張ってダメなら諦めよう」と、思い切って上京しました。当時は高校を卒業し、実家のガラス工場で働いていましたね。

 レッスンの時、お母さんに駅まで車で迎えに来て貰っていました。帰宅が夜遅くて母に迷惑をかけたくないという気持ちと、ちょうど加入していたアイドルグループを卒業した時期も重なりました。

――上京後はどうしましたか?

桜花:吉本興業主催のアストレス・オーディションを受けました。自分に付加価値をつけたいと思ったんです。

関連記事