【DDTプロレス 樋口和貞】いざDDT最高峰のベルト挑戦へ(後編)

3.28後楽園ホールでKO-D無差別級王者 秋山準に挑戦する樋口和貞。昨年1月に結成したユニット「Eruption」では、一時期KO-D6人タッグとKO-Dタッグの2冠王として君臨。今回チャンピオン秋山から指名を受けて約3年ぶりの挑戦となる。満を持してKO-D無差別級王座に挑む樋口に話を聞いた。(後編)

前編はこちら

――以前の取材時、怪我から復帰した際115kgあった体重を100kg前後に落とし、その後105kgに増やしたと伺いました。現在の体重は、いかがですか?

樋口:105kgで留めています。欠場明け、体重が減ったことで動くスピードが速くなりました。ただ105kgを超えると膝への負担が増え、動きが遅く感じるのでキープするようにしています。力士時代も105kgでした。ちょうど1番動けるのが105kgなのかと改めて感じますね。

――わずかな体重の変化が、動きに及ぼす影響が大きいのですね。ところで2021年1月後楽園でのKO-Dタッグ戦、CIMA・高尾蒼馬組を迎えました。

樋口:ベテランのCIMAさんは百戦錬磨の選手。緩急使い分けて攻めてきます。ただ高尾さんはCIMAさんに憧れ、学生時代BIMAと名乗りリングに上がっていました。憧れていたCIMAさんとタッグを組み、ベルトに挑戦している高尾さんの気持ちに隙があるように感じました。だから隙をつかれて坂口さんにスリーパーを極められた。

 仮に高尾さんもCIMAさんと同じように、「ベルト獲り」をもっと強く念頭に置いて戦っていたら結果が変わったのかもしれません。

――そして翌月は、今勢いのあるDDTサウナ部(The37KAMIINAに改称)の竹下・MAO組とのタッグ戦でした。MAO選手は何が飛び出すか分からないエキセントリックなプロレスラーですよね。

樋口:エキセントリック…たしかに掴みどころがなかったですね(苦笑)。

 挑戦表明の時、勝俣さんに連れられた竹下とMAOがリングに上がり、やる気があるのかどうか分からなかった。「お前ら本当にやる気あるの?」と。前哨戦も「そんな気持ちじゃ俺たちに勝てねぇよ」と思い戦いましたね。そして次第に相手も気持ちが上がってきた。名古屋ではお互い一つ上の気持ちで戦えました。

 DNAの頃からMAOは、気持ちがリング上の戦いに反映されるレスラーです。気持ちが上がればビシッと試合をする。最初はそれが見えなかった。自分と坂口さんが「気持ちの部分」でタイトルに挑戦するだけのモチベーションなのかどうかを投げかけていました。ただ気持ちが上がった時の竹下とMAOは脅威でしたけど。

 元々EruptionはDDTの中で、これまであった良いものを残しつつ新しいものを取り入れてやっていこうと思い始めました。若い世代からDDTサウナ部のように新しいものが生まれてきたのは、我々の行動が繋がっているのかな?と思うこともあります。

 2,3年前は良い意味でも悪い意味でもユニットが安定していた時期がありました。だから自分たちEruptionは、そこに切り込んでいった。口火を切ったのはEruptionだと思っています。

関連記事