【プロレスリングWAVE 桜花由美】Leonさんとの戦いは必然であり運命 (前編)

8.22 後楽園大会でデビュー20周年興行を行った桜花由美。試合前「私の中で悩んだり迷ったりしていることを、Leon戦でハッキリさせようと思っています」と口にした。その答えは出たのだろうか…

――8/18 OZアカデミー正危軍の後楽園、8/22 WAVE後楽園大会とタイトルマッチ2大会が終わりました。今の率直な感想を教えて下さい。

桜花:2試合ともタイトルマッチで、共にチャンピオンになることができなかった。今はそういう時期じゃないのかな。ベルトが取れないは、「ベルトを取るべきじゃない」って時期なのかなと思いました。

――8.18 OZの正危軍対決は雪妃魔矢選手がタイトルを獲得しました。ということは雪妃選手がベルトを取る時期だった、ということですか。

桜花:そうですね。私が雪妃とタッグを組んで尾崎魔弓さんが安納サオリと組みました。最初、私が安納に勝ちましたが正危軍の安納と戦うのは初めてメチャクチャ楽しかったですよ。

【桜花由美】ベルトを獲得したら先のことを想像できる

――試合後の写真を見たらすごくみんな仲良さそうに帰っていましたね。

桜花:でもボコボコでしたよ。マジでボコボコで(笑)。尾崎さん側にポリスさんが付くので終わった後、身体中ボロボロでした。

――いつも同じコーナーに立っているメンバーと戦ってみていかがでしたか?

桜花:やっぱり対戦したくないと思いました(苦笑)。だって頭が痛くてめちゃくちゃ腫れてタンコブだらけ。「私明日起きられるかな?」と思って寝て、翌日目覚めて「生きている!」って実感しました(笑)。

関連記事