【プロレスリングWAVE 桜花由美】社長就任から2年、激動の日々(後編)

2007年にGAMIさんと共にプロレスリングWAVEを設立。2019年に同団体の代表取締役社長に就任した桜花由美。コロナ禍において難しい舵取りを迫られる中、まもなく社長就任2周年を迎える。後編はレスラーと社長について

前編はこちら

――桜花選手が他団体であるOZアカデミー(以下 OZ)にレギュラー参戦して10年以上経ちますね。

桜花由美(以下 桜花):他団体への参戦はストレス発散。最初OZに参戦した理由は他にありましたけど、今はストレス発散です(笑)。

 WAVEで試合を行う時、団体の代表なのでチケット手配やグッズ・進行等、全てを考えなければいけない。でも他団体に参加する時は、私の気持ちの抜き所というか、「選手として試合だけに集中できる」わけです。

 今は「レスラー 桜花由美」と「本名 阿部由美子」が合体している感覚ですけど、少し前まで「『桜花由美』とは、こういう存在でいなければいけない」と思っていた。今は私が生きたいように生きようと思っています。

試合後、ご飯やお酒を飲みながら「あの試合楽しかったよね」と言ってもらえる興行を提供したい

――そう思い始めたのは、いつぐらいの時期からですか?

桜花:2019年に代表取締役社長に就任した辺りからですかね。今までは家を出た瞬間から桜花由美でした。でも今は飾らなくていいので。良い意味で肩の力が抜けました。40歳を過ぎたからですかね(苦笑)。ストレスなく生きています。

――社長業とレスラーの切り替えは、どのタイミングで行いますか?

桜花:レスラーになる時のスイッチは、自分の入場曲が流れて入場ゲートを出る時。それまでは会場周りのことをしているのでバタバタしています(苦笑)。それに2016年くらいまでは、試合前になると神経が張り詰めていました。

――それが改善したキッカケは、なんですか?

桜花:宮崎有妃さんとタッグを組んでからです。「この人が隣に居てくれたら、私は何をしてもいいんだ」と思えた。もし私がミスをしても大丈夫だと感じた。それからナーバスになることは、あまりないですね。

 信頼している人と戦ったり、タッグを組む時は大丈夫ですけど、初めて試合をする選手が相手の時は多少ナーバスになりますね(苦笑)。

関連記事