【プロレスリングWAVE 4.1新宿大会】メインイベント争奪戦!

SNSで勃発した4.1新宿FACE大会の試合順論争、「どの試合がメインイベントに相応しいか?」は当日まで持ち越し。4.1試合前、野中美智子リングアナウンサーから発表された。

【プロレスリングWAVE 4.1新宿FACE】サクラタイセン、今度は試合順!?

第1試合にコールされたのは…なんと桜花由美vs旧姓・広田さくら。その発表に2人はバックステージから戻り野中リングアナに不満をぶつける。第3試合のDUAL SHOCK WAVE~WAVE認定タッグに挑戦する宮崎有妃も、「間違ってる!」とクレーム。そして、第4試合に発表されたのがRegina di WAVE~WAVE認定シングル選手権試合。

試合前に初主演映画の制作発表が行われた野崎も戻ってきて、「メインじゃないの?」と驚いた表情を見せる。「みんなメインイベントですから!」と野中リングアナからフォローが入る。最終的に狐伯復帰戦が桜花体制になった3周年を締めることが発表された。

【旧姓・広田さくら】「プロレスがやりたかった」自分の気持ちに正直になれました

第1試合は4月4日生まれの桜花由美と4月12日生まれの旧姓・広田さくら、「どちらが4月生まれにふさわしいか?」を争う『サクラタイセン’22』。途中、広田の拝み渡りを桜花が披露する場面もあり観客は大いに盛り上がる。そんな4月生まれの2人の戦いはダブルフォールで引き分け。決着は1年後の4.1に持ち越しとなった。

【プロレスリングWAVE 桜花由美】社長就任から2年。激動の日々(前編)

第3試合DUAL SHOCK WAVE~WAVE認定タッグ選手権試合。王者・梅咲遥&高瀬みゆき組に挑戦するのは宮崎有妃&ハイビスカスみぃ組。梅咲に何としても「はずかし固め」をかけたい宮崎。それを高瀬は阻止し「私にやれ!」と宮崎にアピールするも「梅咲の方が見たい人がいっぱいいるんだよ!」と突っぱねられる。

関連記事