【2AW タンク永井】プロレスの力で、地元千葉を元気に!(後編)

プロレスラーとしてデビューしたのが20代後半。1度はレスラーになることを諦め、引きこもった過去を持つタンク永井選手。後編はデビューから地元千葉に対する思いを伺った。

前編はこちらから

――デビューは27歳。入門から半年ですか?

タンク永井(以下、永井):そうです。4月に入門して10月にデビューしましたね。月曜日以外は毎日練習してました。今も昔も道場での練習内容は変わらず、午前中に基礎体力やランニングをして、12時くらいからリング練習です。

 大体午後3時くらいまで行います。寮生活ですし毎日どっぷりプロレス漬けになれるのでレスラーを目指す環境として、2AWは本当にいい環境だと思います。ちゃんこ食べて練習もたくさんして、デビュー当時は順調でしたね。

――デビュー“当時”というのが引っかかりますが…

永井:最初、とにかく強くなりたかったんですよ。ヒールとかベビーフェイスとか関係なく。それでヒールユニット「凶月(まがつき)」に加入しました。リーダーは真霜拳號でしたね。

――ところで元々憧れていたレスラーは佐々木健介さんですよね。今のスタイルも佐々木さんの影響を受けていますか?

永井:気にしたことはありませんが、きっと影響は受けているはずです。健介さんも柔道をされていましたし。実は、健介さんが引退した2014年2月11日の後楽園大会に出場しているんですよ。「憧れていた人の最後の大会に出場していた」、感慨深いものがありますね。

――あの試合、中嶋勝彦選手に敗れて、突然引退を決めましたよね。

永井:そうなんですよ。僕も全然分からなくて驚きました。ただ健介さんとはリング上で戦ったことも組んだこともなかったので、それは残念ですね。

――レスラーとして尊敬する人はいますか?

永井:真霜拳號ですね。あんまり褒めたくないですけど(笑)。技をかけても絵になるし、やられても絵になる。「相手の技を受けて、その後自分がこの技で返せばお客さんが盛り上がる」というのをキチンと頭の中で考え、それをカッコ良く見せることができるんですよ。

ナレーター・実況・リングアナ・ラジオパーソナリティ・イベントMC。野球やカヌー等、スポーツ実況を担当しているうちに選手個人に興味を抱きライターを志す。アスリートの心の声を読者に届けるように取材します。