【2AW タンク永井】プロレスの力で、地元千葉を元気に!(前編)

その外見から会うまで怖い印象だった。だが取材場所に現れた彼は、屈託のない笑顔でジョークを交えながら優しく質問に答えてくれた。2AW所属のプロレスラー・タンク永井選手。前編は彼の生い立ちについて。

――永井選手がプロレスに興味を持ったのは、いつごろですか?

タンク永井(以下、永井):僕がプロレスに興味を持ったのは中学生の頃ですね。友達で勧められて、深夜の新日本プロレスを観たのが始まりです。1999年頃で闘魂三銃士が活躍していました。今年、新日本が明治神宮野球場で野外大会を行いましたが、21年前の神宮大会を学生時代に観戦してますね。

 当時、佐々木健介さんが好きでした。友達と試合会場の駐車場で騒いでいたら、長州さんにメチャクチャ怒られた記憶がありますね(笑)。橋本真也さんが新日を離れ設立したZERO1も、よく観に行きました。

 僕は千葉出身、今は老朽化で試合が行われませんが、地元の千葉公園体育館によく行っていた記憶があります。

――中学生の頃からプロレスラーは目指していたのですか?

永井:目指していなかったですね。当時はガリガリで、身長も小さくクラスで前から2番目。学校でプロレスごっこはしてましたけど、プロレスラーになるという頭はなかったですね。

――小さい頃、なにかスポーツしていましたか?

永井:中学の時、サッカー部。サッカーグラウンドの空いた場所でプロレスしてましたね(笑)。そして高校で柔道を始めました。闘魂三銃士に憧れていましたから。武藤敬司選手と橋本真也さんは柔道がベース、その影響も大きいですね。

――でも大学では柔道ではなく…

永井:大学時代はアメフトをやりました。その頃、ボブサップさんに憧れていたので。テレビで観て「ボブサップ、メチャクチャ強い!だったらアメフトやればメチャクチャ強くなれる」と思ってアメフトです(笑)。

 当時、東京農業大学のオホーツクキャンパスで北海道に住んでいて、アメフトの試合後は身体中怪我で動けなかったです。複雑骨折やむち打ちとか当たり前でしたね。

 ただ、そこで身体は頑丈になりましたね。高校入学時に55kg、高校卒業時に70kg。大学で82,3kgに増えました。

ナレーター・実況・リングアナ・ラジオパーソナリティ・イベントMC。野球やカヌー等、スポーツ実況を担当しているうちに選手個人に興味を抱きライターを志す。アスリートの心の声を読者に届けるように取材します。