【東京女子 坂崎ユカ】「イッテンヨン」後楽園、同期決戦!(前編)

東京女子プロレス 1.4後楽園ホールで挑戦者・辰巳リカを迎え撃つプリンセス・オブ・プリンセス王者の坂崎ユカ。その坂崎が初めて観たプロレスが、DDTのビアガーデンプロレス。いても立ってもいられず高木三四郎社長に入団を直訴した。可愛らしいルックスと冷静な闘志を併せ持つ坂崎ユカ。その秘められた魅力に迫る。

――坂崎選手が初めてプロレスを観たのは、いつですか?

坂崎ユカ(以下 坂崎):最初に観たのは、DDTのビアガーデンプロレスでした。新木場で1週間連続して行う大会。そこで観たプロレスがすごく楽しくて、私がやりたかったことが全て詰まっていました。

――元々はお笑い芸人を目指していたとか。

坂崎:中目黒にあるワタナベエンタテイメントの養成所に通っていました。イモトアヤコさんに憧れて「珍獣ハンターやってみたいな」と。完全に安易な考え方でしたね(笑)。

――小さい頃から格闘技に興味がありましたか?

坂崎:PRIDEやK-1等を観てました!ただ私の住んでいる地域に、レスリングや格闘技の道場は全くなくて。興味はあったけど、そういう部分に触れていませんでしたね。

――坂崎選手の試合を拝見して、運動神経が良いように感じました。子供の頃、何か運動をしていましたか?

坂崎:バレーボールをしていました。ただハマっていたわけではないですね。体育のテストはずっとA判定でしたけど。

――運動神経が良かったんですね。ところで東京での活動に話を移しますと、当初はDPG(※)のメンバーとして活動を開始されましたね。
※ロックフェス「夏の魔物」の主催者、成田大致によって結成された、かつて存在した音楽ユニット。

坂崎:DPGで福田洋さんやアントーニオ本多さんがプロレスしているのを観て、その流れでDDTのビアガーデンプロレスを観ました。決して福田洋さんに憧れていたわけではないです(笑)。ただ「どうしたらプロレスラーになるのか」方法が分からないくて。

 だから、ビアガーデンプロレスの会場で高木三四郎社長を見つけた瞬間、辰巳リカと一緒に走り出して「DDTに加入させて下さい」とお願いしました(笑)。

――すごい行動力ですね。

坂崎:私がやりたかったことが「プロレスだ」と思ったんですよね。それが2013年8月です。

ナレーター・実況・リングアナ・ラジオパーソナリティ・イベントMC。野球やカヌー等、スポーツ実況を担当しているうちに選手個人に興味を抱きライターを志す。アスリートの心の声を読者に届けるように取材します。