• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレス 大石真翔(3)】復帰戦は支えてくれた方々全てに感謝の気持ちを伝える試合にしたい

【DDTプロレス 大石真翔(3)】復帰戦は支えてくれた方々全てに感謝の気持ちを伝える試合にしたい

昨年7月から長期欠場していた大石真翔が1年ぶりに7.24後楽園ホールで復帰戦を行うことが決定。今回は準烈結成のいきさつや解散を決意した思い、そして復帰戦について。

<(2)はこちら>
――2018年5月に大畠美咲さんとご結婚されましたね。ご家族のYouTube「みこまこチャンネル〜ふぁいてぃんぐ・ふぁみりぃ〜」ほのぼのしていて好きです。特にお姉ちゃんが弟にブランケットを掛ける動画、何回も見ちゃいます。

大石:ありがとうございます。僕が子供達を寝かしている間に奥さんが編集作業をしてくれます。

昨日より今日、今日より明日愛情が増えていく。みんなに観て欲しいですね、親バカですけど(笑)。

――2020年2月、秋山準選手のDDT参戦が決まりました。その後、大石選手がリーダーとなり「準烈」が結成されました。これはどのような経緯があったのでしょうか?

大石:コロナの自粛期間、DDTは配信を行っていました。僕は上の子が生まれたばかりで自宅待機中。ある日、ネットで「秋山準ゲストコーチ就任」のニュースを見ました(笑)。

――所属選手がネットニュースで知ることがあるんですね(笑)。

大石:ありましたね(苦笑)。ただ秋山さんが指導するのは若手のみ。自宅待機期間を終え復帰が決まった時、「自分は若手ではないけど、秋山準の王道プロレスに触れたい」と思いました。僕の師匠・MEN’Sテイオーは学生時代にジャイアント馬場さんに教わったことがある。ということは「自分にも王道の血が流れている」と勝手に思い込んでいます。

「俺も秋山準から王道の教えを受けたい!」と思い2020年6月の「DDT TV SHOW!#6」で秋山さんに直談判しました。それで秋山さんとのシングルマッチが決まりました。試合には敗れたけど秋山さんが「一緒にやろうぜ」と言ってくれて渡瀬瑞基、岡谷英樹と一緒に「準烈」が結成されました。

ただ練習する時、秋山さんから直接指導を受けることは少ないです。「一緒にコーチングをしてほしい」と言われ、秋山さんのコーチングをサポートしています。ですから若手に教える秋山さんの姿を見て学んでいます。

関連記事