• HOME
  • 記事
  • 野球
  • 元プロ野球選手・喜田剛が振り返る10年間の現役生活。「辛く、悔しい」鍛錬の日々と導かれた広島での才能開花

元プロ野球選手・喜田剛が振り返る10年間の現役生活。「辛く、悔しい」鍛錬の日々と導かれた広島での才能開花

現在アンダーアーマーの総代理店である株式会社ドームで、コンシューマーマーケティング部のチームリーダーとして活躍している喜田剛氏。ドーム社に入社する前は阪神や広島などセパ4球団を渡り歩き、プロ野球選手として10年間プレーした。今の仕事に活かされているという現役生活を振り返った。

■星野監督初年度の阪神へ入団

福岡県出身の喜田は沖学園高校から福岡大学を経て、01年のドラフト7巡目で阪神に入団。当時は捕手で、背番号は「3代目ミスタータイガース」と呼ばれた田淵幸一も背負った「22」を与えられた。

ただ、キャンプ初日に外野へコンバートとなりプロ生活がスタート。ここから「辛かったですし、悔しかったです」と語る通り、立ちはだかる厚い壁に立ち向かう日々が始まった。

喜田が入団した頃の阪神はまさにチームの転換期でもあった。

ルーキーイヤーの02年、球団は80年代後半から突入した”暗黒時代”からの脱却を図るべく闘将・星野仙一を監督に招聘。これまで4年連続だった最下位を就任1年目にして脱出した。

さらに同年オフには金本知憲や下柳剛、伊良部秀輝などを次々に獲得し、同時に20人が退団するなど大胆な”血の入れ替え”を行っていった。

これらの大型補強が実り、翌03年には85年以来18年ぶりのリーグ優勝を果たした。岡田彰布監督となった2年目の05年にもリーグ優勝をするなど、優勝争い常連のチームへと変貌を遂げていった。「あの時の外野手はポジションがなかったですね。結果を出してもずっと2軍でしたから…」

阪神時代を振り返る喜田

関連記事