【プロレスリングWAVE 7.1新宿】CATCH THE WAVE 2021、波女は高瀬みゆき!

5.15新木場1stRINGからスタートしたCATCH THE WAVEも7.1新宿FACEで今年の波女が決まる。決勝戦に駒を進めたのは野崎渚、高瀬みゆき、米山香織、門倉凛の4名。頂点に立ち賞金100万円とレジーナへの挑戦権を手にしたのは高瀬みゆきだった。

各ブロックを勝ち抜いた野崎、高瀬、米山、門倉がリングに揃い、決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選が行われ、1回戦は野崎vs高瀬、米山vs門倉に決定した。

CATCH THE WAVE 2021決勝トーナメント1回戦(時間無制限1本勝負)
野崎渚 vs 高瀬みゆき

3大会連続4回目の出場だが、波女の称号をまだ手にしていない野崎。対するは3大会連続3回目出場、6.29蕨で今大会唯一の三つ巴戦を行い旧姓・広田レジーナさくら、桃野美桜に連勝し決勝に駒を進めた高瀬みゆき。その高瀬は野崎の右足を徹底して攻める。ときおり野崎は右足を気にしながらもフロントキックを高瀬に放っていく。

【6.1新宿大会 ピアレスティーンズロード対決】

10分が経過し、お互い中腰状態でエルボーを打ち込んでいく。立ち上がり走る高瀬の一瞬の隙をつき、野崎がドルミル(胴締めスリーパー)で捕獲。高瀬の動きが止まる。だが高瀬は息を吹き返しエスケープ。野崎は視線が定まらない高瀬にノーアルランサー4連発。そしてノーアルランサー・ハイも繰り出すがカウント2。

カウンターで野崎のノーアルランサーが決まり自らロープに走る。だが高瀬がラリアットで迎撃、すぐさまローリングストーン。そしてダメ押しのダイビング・ギロチンドロップでカウント3。高瀬が決勝に進出した。

○高瀬みゆき(14分58秒、ダイビング・ギロチンドロップ→エビ固め)野崎渚●

関連記事