• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【ガンバレ☆プロレス まなせゆうな(4)】私と同じ悩みを持った人を救えはしないけど、元気になるキッカケになったらいいな、という気持ちが芽生えてきました。

【ガンバレ☆プロレス まなせゆうな(4)】私と同じ悩みを持った人を救えはしないけど、元気になるキッカケになったらいいな、という気持ちが芽生えてきました。

6.12埼玉CyberFight Festival 2022でDDTプロレスのEruptionと対抗戦。7.10大田区総合体育館「WRESTLE SEKIGAHARA」でスターダム所属のウナギ・サヤカとシングル対決に臨むまなせゆうな。現在はガンバレ☆プロレスの女子レスラーのエースに君臨している。

<(3)はこちら>

■ラストランについて

――取材中に何度か出てくる「最後」と言うキーワード。まなせさんの中でプロレスの終着点が見えているのですか?

まなせ:そうですね…なんとなくは見えています。ただ「最後」と思って東京女子を出たんですけど、ガンプロに来たらプロレスが楽しくてしょうがないんです(笑)。

スターダムの一年先輩の彩羽匠さん繋がりでマーベラスに呼んでいただいたり、ぽちゃ女に出場してくれたことがキッカケでアイスリボンに呼んでいただいたり。プロレスを続けたくなっている私がいます。でも身体のことを考えると長くできるものではない。それこそ先日ウナちゃん(ウナギ・サヤカ)に「テッペンを目指す女がラストランに向かってる相手に負ける気がしねえ」と言われたけど、私は必ず終わりは来るものだと思っているので1試合1試合「これで最後だ」と言う気持ちで戦っています。もちろん上に登るためにやっていますけど、私はもう2度と後悔したくない。私は「私なんていなくていい」と思っている時期があったので、あの時の思いを繰り返したくないんですよ。

――現在のまなせさんは輝いています。輝きは自信が伴うものですし「今、好きなことをしているんだろうな」と感じます。

まなせ:自己肯定感を上げてくれたのはガンプロとぽちゃ女だと思います。それは今成さんや大家さん、翔太さんのおかげですね。所属した時、訳のわからない私をガンプロのみんなが迎えてくれました。それも嬉しかったんですよ。東京女子の時は、年齢や身長、ルックスとか気にしていました。でもガンプロでは、そんなことを気にする必要もない。

私は元々、大きい身体が好きじゃなかった。でもここ2〜3年で好きになってきました。それはきっと「ぽちゃ女」をやったからです。大きい身体も愛すべき個性だと学びました。私と同じ悩みを持った人を救えはしないけど、元気になるキッカケになったらいいな、という気持ちが芽生えてきました。

――他人にインスピレーションを与えることは素晴らしいこと。なかなかできることではないですよ。

まなせ:まだ与えられていないので(苦笑)。そういう存在になれたらいいな、って思っています。

関連記事