• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【Fortune Dream7 小橋建太】「あの選手、もう一回見たいな」と思ってもらえるのが「Fortune Dream」の良さ

【Fortune Dream7 小橋建太】「あの選手、もう一回見たいな」と思ってもらえるのが「Fortune Dream」の良さ

2014年からほぼ毎年開催されてきた小橋建太さんプロデュース大会「Fortune Dream」が3年ぶりに開催される。小橋さんは出場選手を選ぶため、日頃から様々な団体を観戦し選手の特徴をインプット、カードを決定する。今回小橋さんに6.15後楽園ホール「Fortune Dream7」の出場選手・カードを解説してもらった。

――3年ぶりとなる「Fortune Dream7」が開催されます。この大会は2014年6月に第1回大会が行われましたが、大会を開催するキッカケを教えていただけますか?

小橋:あの頃、僕は現役を引退し様々な団体を観て週刊プロレスでコラムを書いていました。日本には大小いろいろな団体が存在、小さな団体にも素晴らしい選手がたくさんいます。そこで「団体の垣根を越えた戦いをプロデュースしたら面白いのではないか」と考えたのがキッカケです。

ですから出来る限り試合を観戦し、出場してもらう選手を自ら選んでいます。

――出場選手を振り返ると今回を含め7大会中6回出場しているのが関本大介選手、火野裕士選手、佐藤耕平選手、石川修司選手。この4選手に共通しているのが小橋さんの現役時代を彷彿とさせる正面からぶつかり合う選手。やはり自分のファイトスタイルに似た選手を選んでいるのでしょうか?

小橋:似ているよりも「頑張っている選手」を選んでいます。リング上だけではなく練習も含めて頑張っている選手。そして期待を裏切らないファイトを見せてくれた選手には、次の大会もオファーしますね。

【プロレス・小橋建太】世田谷にジムをオープン!「鉄人」が今、伝えたいメッセージとは…

――練習は大切ですよね。僕は小橋さんのエピソードでロード・ウォリアーズからウェートトレーニングを教わった話が好きです。当時、理論的なウェートトレーニングをする日本人レスラーがいない中、本格的なトレーニングを学ばれましたよね。

小橋:僕が練習をしていたらウォリアーズが「その方法ではなく、こっちの方法が効果的だ」といろいろ教えてくれました。ただウェートトレーニングをしていない時はマネージャーのポール・エラリングに捕まっていましたね(苦笑)。ポールは体育館の階段を使って、長時間踏み台昇降をしているんです。「俺の練習に付き合え」と言われ一緒に踏み台昇降をしました。

――それは足腰を鍛える意味でしょうか?

小橋:そうです。器具を使わずスタミナを付け心肺機能を鍛えるためです。当時僕は練習生、試合開始30分前にリングサイドに行ってお客さんがリング内に入らないよう見ていなければいけません。ただポール・エラリングは踏み台昇降を試合開始ギリギリまで止めないんですよ(苦笑)。練習生の僕はポールが止めるまで止まられません。自分から「仕事があるから抜けます」とも言えなかった。毎回終わるのが開場時間を過ぎ、試合開始15分前。慌ててリングサイドに行くと先輩たちに怒られました。遅れた理由を「ポール・エラリングの練習に付き合っていました」と説明しても「そんなのほっといて、時間通りリングサイドに来い!」と。当時トップ選手のロード・ウォリアーズのマネージャーと一緒に練習していたら周りも許してくれるだろうと思っていたのですが、そこは厳しかったですね(笑)。

シリーズが終わった時、ポールから「一緒に練習してくれてありがとう。君へのプレゼントだ」とロード・ウォリアーズのTシャツを貰いました。もう手元にないですけど(苦笑)

関連記事