• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【ガンバレ☆プロレス まなせゆうな(3)】「私も幸せになるため、最後にプロレスを頑張ってみたい」と考えた時、一緒にいるのがガンプロの人がいいなって思いました。

【ガンバレ☆プロレス まなせゆうな(3)】「私も幸せになるため、最後にプロレスを頑張ってみたい」と考えた時、一緒にいるのがガンプロの人がいいなって思いました。

6.12埼玉CyberFight Festival 2022でDDTプロレスのEruptionと対抗戦。7.10大田区総合体育館「WRESTLE SEKIGAHARA」でスターダム所属のウナギ・サヤカとシングル対決に臨むまなせゆうな。現在はガンバレ☆プロレスの女子レスラーのエースに君臨している。

<(2)はこちら>

■プリンセスカップ準優勝とシングル初戴冠

――自分を追い込んだ上でのプリンセスカップ出場だったのですね。

まなせ:それまでのプリンセスカップは全て1回戦敗退でした。いつも「誰かがのし上がるための踏み台でいい」と思っていた。でも今成さんやぽちゃ女を見てくれたファンの中に「まなせゆうな」を応援してくれる人がいた。その人たちに何も返せていない。だから「2019年のプリンセスカップで私を見せたい」と。結果的に準優勝でしたけど一つのキッカケになりました。

――その後、2019年9月に万喜なつみ(現:なつぽい)選手の持つインターナショナル・プリンセス王座に挑み勝利、王者になりましたね。

まなせ:それまでベルト戦線にほとんど絡んでこなかった。久々のタイトル戦がアクトレス・ガールズのデビュー戦の相⼿なっちゃんでした。ネック・スクリューという技は今も使ってますが、これは⾝体が⼩さい⼈でも⼤きい⼈に対して掛けることができる技で「⼩さいなっちゃんが⼤きな⼈に勝ってほしい」と思い、彼⼥に渡しました。その技を今でもなっちゃんは使ってくれている。⾃分の⼤切な技を渡すくらい、なっちゃんは私の中で特別な存在なんです。

そんな彼⼥にケガ(右内側側副靭帯の損傷)をさせてしまった。「チャンピオンに勝って獲得したベルト」というよりは「⼤切ななっちゃんにケガを負わせて獲得したベルト」と思っていたので、ベルトを腰に巻くことはできませんでしたね。

――故意でないにせよ、万喜なつみ選手を負傷させたことはショックでしたね。

まなせ:プロレスを続けるかどうか迷いました。でもここで辞めるのはチャンピオンとして許されることではない。この時に支えてくれたのが東京女子の選手でした。レスラーはみんなケガのリスクを理解しリングに立っています。

なっちゃんとのタイトルマッチから1週間後の大会が板橋グリーンホール。メインの6人タッグマッチに出場したけど、私はその試合の記憶がない。後日レッスル・ユニバースで確認したら必死の形相で戦っていました。そんな私をタッグパートナーの天満のどかちゃんと愛野ユキが支えてくれました。チャンピオンが支えてもらうのもどうかと(苦笑)。それが初めてのシングルチャンピオンになった時の印象ですね。チャンピオンは過去のことも現在のことも背負わないといけない。だからベルトって重いんです。

――その時期はリングに上がるのも辛かったのですね。

まなせ:試合だけじゃなく練習も辛かった。でもそれすらもプラスに変わるしストーリーにもなるところがプロレスのスゴさ。

インターナショナル・プリンセス王座は1度も腰に巻かなかったけど、今年5月に獲得したアイスリボンのインターナショナル・リボンタッグ王座のベルトは巻きました。だからデビューして8年目でやっとベルトを巻けましたね(苦笑)。

関連記事