• HOME
  • 記事
  • モータースポーツ
  • 【レーシングドライバー 伊藤 慎之典 前編】サーキット場で聴こえるエンジン音や迫力に魅了され「レーサーになりたい」と…

【レーシングドライバー 伊藤 慎之典 前編】サーキット場で聴こえるエンジン音や迫力に魅了され「レーサーになりたい」と…

国内モータースポーツ最高峰のカテゴリーが「スーパーフォーミュラ」と「スーパーGT」。その頂点を目指し自らと向き合うレーシングドライバー伊藤慎之典選手。今年から“モータースポーツ界の甲子園”と言われる「FIA-F4選手権」に参戦し虎視眈々と上位カテゴリーを狙う。前編は生い立ちから初レースの思い出について伺った。

■幼い頃はサッカー少年

――伊藤さんの出身地はどこですか?

伊藤 慎之典(以下 伊藤):福島県いわき市です。海もあれば山もある自然豊かな地域。東北なのに雪が降ることもほとんどない温暖なエリアです。実家は「国元屋」という一軒宿の旅館になります。

――小さい頃はどんな子供でしたか?

伊藤:幼稚園の頃からサッカーをやっていました。その幼稚園に外部からコーチが来て水泳かバレエ、サッカーの中から一つの競技を教えてくれるんです。園庭でできるのはサッカー競技。僕はサッカーを選択し高校まで続けました。

――今年度からいわきFCがJ3で戦うことになり、地元はすごい盛りですよね。

伊藤:現在千葉に住んでいるので地元の盛り上がりを肌で感じることはできませんが、素晴らしい活躍ですよね。僕の出身中学は「いわき市立小名浜第二中学校」、約30年前は全国大会の決勝戦を争う強豪チームでした。でも僕の在籍時、全国大会に出場できるチームではなかったですね(苦笑)。

■モータスポーツに目覚めたキッカケ

――ところでモータースポーツを始めたのはいつでしょうか?

伊藤:高校に入ってからです。中学まではサッカーにのめり込んでいました。高校生になりサッカーとモータースポーツ両方やっていたので「サッカーに100%情熱を注ぐこと」はできませんでしたね。

関連記事