【レーシングドライバー 伊藤慎之典 後編】地元いわきでモータースポーツを拡めたい

国内モータースポーツ最高峰のカテゴリーが「スーパーフォーミュラ」と「スーパーGT」。その頂点を目指し自らと向き合うレーシングドライバー伊藤慎之典選手。今年から“モータースポーツ界の甲子園”と言われる「FIA-F4選手権」に参戦し虎視眈々と上位カテゴリーを狙う。後編は両親、海外レース参戦。そして今後の目標について伺った。

<前編はこちらから>

■父との二人三脚、そして母の存在

――レースのチーム編成はどのようになっていますか?

伊藤:最初の頃は、ドライバー1人に対してメカニックは父1人です。父も初めての経験でなかなか思うように行きませんでした。高校一年からレースを始め、高校2年の時は1年間52週間のうち、50週間はコースを走っていました。

メカに詳しい方に見て頂きアドバイスを貰い、父のメカニックスキルも上がりました。もちろん僕もレーサーとして経験を積み上げていきました。高校2年生の1年間を通じて「レーサーとしてやっていける」という自信が付きましたね。

――お父さんと二人三脚で成長したのですね。

伊藤:父の仕事が忙しく帯同するのが難しい時は、他のメカニックの方と一緒にコース練習しましたが、最初の1.2年はほぼ父と2人でコース練習していました。毎週カートを解体し車で運ぶ、レース上でカートを作り、またレース終わりで解体し車で帰路に。行きも帰りも運転は父。それを裏で支えてくれたのは母です。

母は僕がサーキットに行っている間、実家の旅館を1人で運営していてくれた。とても感謝しています。父がサーキットに帯同するので、1人で忙しいはずなのにいつも応援してくれました。実家にいる時はなるべく手伝い楽をして欲しいと思っています。とにかく両親には感謝しかありません。

関連記事