• HOME
  • 記事
  • 野球
  • 【サウザンリーフ市原レディース 竹内萌香】野球を続けていれば、いつかグラウンドで会える(前編)

【サウザンリーフ市原レディース 竹内萌香】野球を続けていれば、いつかグラウンドで会える(前編)

野球人口の減少が叫ばれる中、女子野球の野球人口は増えている。全日本女子野球連盟によれば、2016年に約1万5000人だった競技人口が2019年には約2万1000人に増加。全国高校女子硬式野球連盟の加盟校も2019年の32校から2021年は40校に増えた。そんな状況の中、千葉県市原市で活動する野球クラブチーム「サウザンリーフ市原」に女子チーム誕生の動きが…今回、そのチームのキャッチャーである竹内萌香選手に話を聞いた。

――はじめに出身地と家族構成を教えてください。

竹内萌香(以下 竹内):出身は千葉県鎌ヶ谷市。家族は父と母、兄が2人・弟1人の4人兄妹です。

――千葉ということはロッテファンですか?

竹内:残念ながらロッテファンではないです(笑)。特に好きなプロ野球チームはありませんがジャイアンツ戦は良く観ていました。

――小さい頃はどのような子供でしたか?

竹内:小学生の頃から学級委員や校内で行われる行事のリーダーに立候補したり活発な子供でした。

【サウザンリーフ・レディース 竹村寧寧】「私、やっぱり野球がやりたい」

――それはご両親の影響もあるのでしょうか?

竹内:残念ながら両親はそういうタイプではありませんでした。誰かに影響を受けた記憶も…ないですね(苦笑)。

関連記事