【プロレスリングWAVE 5.5後楽園】CATCH THE WAVE 2022開幕戦!

5.5後楽園大会よりCATCH THE WAVE 2022がスタート!今年は5ブロック全21名の選手で争われる。昨年は高瀬みゆきが波女に。今年波女の称号を手にするは一体誰か!

オープニングは出場全選手(試合のないハイビスカスみぃ、沙恵、笹村あやめは欠席)がリング上へ。そして狐伯、鈴季すず、川畑梨瑚、清水ひかり4名の選手宣誓。

またGAMI会長が登場、先日WAVEに入団したGLEATの田中稔と元女子プロレスラーの府川唯未さんの長女・田中希沙を紹介。

Futureブロック(15分1本勝負)
○川畑梨瑚<1勝=2点>(9分39秒、ムーンサルト・プレス→片エビ固め)大空ちえ●<1敗=0点>

Futureブロックは2試合行われた。初戦は川畑梨瑚vs大空ちえ戦。

初出場の2018年11月デビューの川畑梨瑚(T-HEARTS)と2020年8月20日デビュー2年連続2回目出場の大空ちえ(PURE-J)の対戦。

2年のキャリアの差は大きかった。大空は健闘するも最後は川畑のムーンサルトプレスが決まり勝ち点2を獲得した。

試合後、川畑は「初出場ですけど、いいスタートきれたので、このままノンストップでFutureのブロック1位通過して本戦に、決勝に進みたいと思います!意識しているのはFutureブロックの鈴季すず。前回、シングルで負けてるので…鈴季すずから取りたいと思います」とコメント。

関連記事