• HOME
  • 記事
  • 野球
  • 【ヴィーナスリーグ2022】日本最大の女子野球リーグが開幕!

【ヴィーナスリーグ2022】日本最大の女子野球リーグが開幕!

ヴィーナスリーグは女子硬式野球の発展を目的に、2002年関東地区にある4つの高校でリーグ戦を初開催。2005年「関東女子硬式野球連盟」が発足した。

大会は大きく4つ「ジャイアンツ杯争奪ヴィーナスリーグ」「ジャイアンツ杯争奪ヴィーナスサンデーリーグ」「マツダボール杯争奪ヴィーナスサンデーリーグ」「報知新聞社杯争奪ヴィーナスサンデーリーグ」に分けられる。企業クラブ・大学チームは「ジャイアンツ杯」、高校チームは「マツダボール杯」、中学チームは「報知新聞社杯」を争い、毎週土日祝日を中心に各野球場にて3〜4試合が行われる。

4月23日 千葉県・袖ヶ浦市営野球場では高校チームは「マツダボール杯」を含む全4試合。

アサヒトラスト(2−2)ZENKO BEAMS

ジャイアンツ杯争奪ヴィーナスリーグ・2021年間女王決定トーナメントともに3位のアサヒトラストは引き分け。

ゴールドジム(8―7)日本大学国際関係学部

来季から参入を目指す巨人の女子チームは、所属する4選手が「ゴールドジム」のメンバーとして出場。そのゴールドジムはジャイアンツ杯争奪ヴィーナスリーグ・2021年間女王決定トーナメント2位の日大国際関係学部(静岡)と対戦。7回の日大国際の追い上げを振り切り勝利。

秀明八千代高(15ー0)岩瀬日大高

埼玉西武ライオンズレディース(6―3)尚美学園大

また球場では巨人女子硬式野球チーム創立に携わった巨人球団社長付アドバイザーの宮本和知さんの姿も。

なお2021年間女王決定トーナメント覇者・エイジェックは4月30日、初戦の相手はアサヒトラスト。

取材・文/大楽 聡詞
写真・編集/塩田 博史

関連記事