• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレス 竹下幸之介】AEWへは「一か八か」で行ったわけではない。「イケる」という確信の下で渡米した

【DDTプロレス 竹下幸之介】AEWへは「一か八か」で行ったわけではない。「イケる」という確信の下で渡米した

米国プロレス団体AEW参戦を経て日本に戻ってきた竹下幸之介。そして16年ぶりの開催となったタッグリーグ戦「Ultimate Tag League 2021」にはThe 37KAMIINAの勝俣瞬馬と組んで出場。最終戦5.27新宿FACE大会ではシングル2連敗中、現KO-D無差別級王者・秋山準と久しぶりに肌を合わせる。AEWに参戦し経験値を上げ、精神的にも強くなった竹下に、今の心境を聞いた。(前編)

――前回お話を伺ったのが、昨年末 秋山準選手とのD王GP優勝決定戦前でした。あの試合、竹下選手は左腕の筋断裂を二箇所していた状況での戦いでしたね。

竹下幸之介(以下 竹下):(少し考えて…)左腕の状態が良くなかったけど、リーグ戦を勝ち上がったからには「やるしかない」と思っていました。

――秋山選手は、序盤から竹下選手の負傷箇所である左腕を攻めてきましたね。秋山選手とのシングル初対決は11.3大田区体育館。そしてD王GP優勝決定戦が12.27後楽園で2回目。初戦から短い期間での再戦でしたね。

竹下:内容的には同じ負けではなかった。1回目の大田区は完全に負けた、完敗でしたね。ただ2回目の時は、紙一重の負けでした。もしあの戦いがタイトル戦だったら結果が変わったかもしれない…。

――竹下選手は秋山選手のアームロックでギブアップしていなかった。

竹下:レフェリーストップでした。2連敗は有り得ないと思っていたし、D王GPの優勝が掛かった試合でもある。優勝し2月のカルッツかわさき大会のメインも視野に入れていました。自分の持っているものを全てかけて戦いました。結果、秋山選手に敗れて全てを失いましたね。

 あの時点では正直やることが無くなりました。だからAEWに行ったんですけど。状況が変わらない時期は、自分でやることを見つけなければいけないですから。

――AEW出場は、竹下選手が希望されたのですか?

竹下:僕が勝手に動いたことです。「(DDTが)AEWに交渉して」ではないですね。

――その行動力に驚かされます。ところでAEWでは何試合戦ったのでしょうか。

竹下:シングルマッチ1試合とタッグマッチ2試合です。いつも通りの「僕の戦い」をしました。その中で最初のシングルマッチを高く評価して頂きました。評価して頂けたことで「自分のプロレスは間違っていなかった」と自信がつきました。

 プロレスは三者三様です。ただ音楽と同じように、「ロック」や「ジャズ」みたいにジャンル分けができます。僕はアメリカナイズされたプロレスが好きで、それを9年くらいやってきたつもりです。DDTのスタイルもアメリカのプロレスに近いところがあります。

 先輩に教えて頂いたことや独学で身につけたものを含め、それがAEWで評価されたのは嬉しかったし、やってきたことは間違ってなかったですね。

関連記事