• HOME
  • 記事
  • プロレス
  • 【DDTプロレス 高尾蒼馬】弱いチャンピオンからベルトを獲り、ストレス発散する(後編)

【DDTプロレス 高尾蒼馬】弱いチャンピオンからベルトを獲り、ストレス発散する(後編)

5.4後楽園にてDDT UNIVERSAL王者 上野勇希に挑戦することが決まった高尾蒼馬。常にクールな高尾だが、記者会見では上野に対して缶チューハイをかけチャンピオンを侮辱する態度も見せた。現王者である上野を「弱いチャンピオン」と上から目線の高尾。後編はデビューから今回の挑戦まで。

前編はこちら

――上野戦に向けての会見で、お酒飲んでいましたよね。

高尾:お酒は基本、飲んでるよ。もちろん試合前には飲まないけど。

――ところで試合前のルーティーンはありますか?

高尾:海外から輸入したカフェインの入ったサプリを毎回飲んでいる。それくらいかな?

――遠藤選手もエナジードリンクを飲まれていると以前話してくれました。DAMNAITIONのメンバー皆さん飲んでいるのですか?

高尾:それはないかな。あと質問内容と少し違うけど、リングシューズは緩めに結ぶ。他の選手のことは分からないけど、脚が圧迫されるのが嫌なので。キツく結ぶと試合に集中できない。あと一度かかとにヒビが入っているので、かかとに厚いクッション材を入れてる。

――高尾選手は2009年4月にDDTに練習生として入団。デビュー戦が8月の両国国技館大会「両国ピーターパン」でした。デビューまでかなり早いですよね。

高尾:学生プロレスをやっていたことが、デビューまでの時期に多少関係しているのかも知れない。ただデビュー戦は、前日20分くらいしか寝られなかった。元々、夜型というのもあったけど…今考えると緊張していたのかも知れないな。

――デビュー2年目で、当時KO-D無差別王者の石川修司選手と戦いましたね。

高尾:体格も全然違うし、今だったらやりたくないな。とにかく巨人の頭突きがメチャクチャ痛かった。デビュー当時はガムシャラで視野が狭かったけど、今は周りが冷静に見えるようになってきた。だから巨人とはやりたくないな。

関連記事