【DDTプロレス 3.20両国大会】Judgement2022〜DDT旗揚げ25周年記念大会〜

DDTプロレスが3月20日 両国国技館で「Judgement2022〜DDT旗揚げ25周年記念大会〜」を開催。南海キャンディーズ 山里亮太さんの肛門爆破で華々しく幕を開け、MIKAMIやGENTARO、ポイズン澤田ジュリーら初期DDTのレジェンドレスラーの参戦、タレントのLiLiCoさんの引退試合等、25周年に相応しい豪華カードが揃った。メインは竹下幸之介の持つKO-D無差別級王座に遠藤哲哉が挑戦。

25周年記念大会のメインは第77代KO-D無差別級王者 竹下幸之介に遠藤哲哉が挑んだタイトル戦。ともに2012年にデビューした自他ともに認める最大のライバル。両者のKO-D無差別級選手権は2019年7月15日の大田区以来、その時は王者遠藤に竹下が挑戦、竹下が勝利し王座を戴冠した。

前回の対戦から2年8ヶ月。その間、遠藤は”外敵”田中将斗の腰に巻かれたKO-D無差別級王座をDDTに取り戻し、一時期KO-D6人タッグのベルトと2冠王者として君臨。2020年には東京スポーツプロレス大賞の技能賞を受賞。昨年DAMNAITION解散後、増量し新生BURNINGを立ち上げ、コスチューム・入場曲も一新。約1年ぶりの王座戴冠を目指す。

【DDTプロレス 遠藤哲哉】約1年ぶりのKO-D無差別級王座戴冠へ

対する竹下は2020年、秋山準との戦いを通じて「自分に足りないものは何か」を模索。その答えを見つけるべく2021年4月、自ら海外に渡りAEWに出場。帰国後、6月CyberFightグループの4団体による合同興行「CyberFight Festival 2021」では大会で最も注目度が高かったNOAHとの対抗戦に出場し見事勝利。8月には連敗していた秋山に勝ち、2年ぶり5度目のKO-D無差別級王座戴冠。プロレス大賞2021で敢闘賞を受賞。

【DDTプロレス 竹下幸之介】AEWへは「一か八か」で行ったわけではない。

試合前、竹下は「2人とも別々の道を歩んできた。それぞれが正しい。それを(リングで)報告し合いたい」と話した。その言葉の通り、お互いの成長を確かめるように試合はグラウンドの展開からスタートした。試合はあっという間に30分が過ぎる。遠藤は「この技で決めたい」と話したバーニングスター・プレス(シューティングスター・プレス)を放つがカウント2。コンバイン(抱え込み式の逆エビ固め)で追い込むも竹下はエスケープ。

関連記事