【DDTプロレス 上野勇希】DDT UNIVERSAL王者としての責任(後編)

2021年、DDT最初のビックマッチが2月14日カルッツかわさきで行われる。10.25後楽園KO-Dタッグ戦で坂口に絞め落とされた上野勇希は、第4代DDT UNIVERSAL王者として坂口征夫の挑戦を受ける。上野は雪辱を果たすことはできるのか!

前編はこちらから

――ところで上野選手がプロレスを知ったのは、いつ頃ですか?

上野勇希(以下 上野):実は高校生まで知らなかったです。タケ(竹下幸之介)がプロレスラーになりDDTを観戦したことでプロレスを好きになりました。

 タケと出会う前のプロレスのイメージは「怖い」。たまたまテレビで観た時、グレートムタが毒霧を吹き付け合っていた。上野少年はプロレスに対して「身体の大きい人たちが、口から何かを吹き付け合って怖いな」と感じました(苦笑)。

 高校生になって、「どうやら同級生がプロレスラーとしてデビューし、大阪にも来るらしい」と。当時男子生徒が少ない学校で、タケとはお昼は一緒に食べるけど、どこかに遊びに行くほどの仲ではありませんでした。

 でも同級生がプロレスを頑張っている姿は応援に行きたいと思って。DDTはU-18チケットがあり高校生以下は1,000円で観戦できます。それで観に行ったら「こんなに世の中に面白いものがあるのか」と一回観てビビッと来たんですよ。

 ただプロレスラーになる気はなかったですね。その頃は器械体操していましたし。でも毎回DDTが大阪に来るたびに観戦しました。

 器械体操を引退した後、身体が細かったので、タケに紹介されたジムに通い始めました。この頃からタケと仲良くなりましたね。そしてトレーニングをしている時にタケが「プロレスラーもいいと思うよ」と勧めてくれたこともあり、入団試験を受けました。

 それまでは自転車屋と寿司屋でバイトをしながら、プロレスラーのような身体になりたくて鍛えている19歳でしたね。

――入団試験を受けたのは、いつぐらいですか?

上野:2016年1月、成人式の日です。偶然にも吉村くんと一緒に入団試験を受けました。その後、僕は成人式に出る気はなかったけどHARASHIMAさんに「成人式は出た方がいいよ」と言われて成人式に行きました。

 1月末、新小岩の寮に引っ越しましたね。新小岩駅から徒歩15分、その時は中津良太さんとディエゴさんと遠藤哲哉さんが住んでいて、挨拶もそこそこにディエゴさんと掃除しました(苦笑)。

関連記事